読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【感想】鈴木みのるは「存在感の塊」である!オカダ・カズチカとの前日調印式|2017.2.5 北海道 新日本プロレス

鈴木みのる 鈴木軍 オカダ・カズチカ CHAOS (ケイオス) 感想記事 新日本プロレス

スポンサーリンク

2017.2.4 翌日のIWGPヘビー級選手権試合“公開調印式”が行われ、鈴木軍らしい、また、期待通りのヒール役を演じた!?鈴木みのるに感謝しないとね。


動画:「2.5 THE NEW BEGINNG in SAPPORO」タイトルマッチ調印式 (無料)



※鈴木選手は終始テーブルに両足を乗せて、不敵に会見を行った。

※オカダ選手は2月2日秋田大会で受けた鈴木選手の攻撃により、右足を引きづり登場。


 
鈴木みのる選手のコメント

鈴木「オイ、オカダ、今日がお前がチャンピオンでいる、最後の夜だ。大事に大事に、ちゃんと持って帰りなよ(※会場からヤジが飛ぶ)」

 

オカダ・カズチカのコメント

オカダ「もちろん、今日が最後の夜にするつもりはないですし。冬の札幌は事件が起こるらしいですけど、今回は起きません。ボクが、しっかり防衛します(会場から大きな拍手)」

 

■質疑応答


――明日の決戦を前に、コンディションはいかがですか?

 

鈴木「……」

※コメントを拒否。場内からは鈴木の姿勢を揶揄するヤジが飛ぶ。

 

――オカダ選手は、秋田大会後に鈴木選手から、ヒザへの椅子攻撃受けたり、先ほども足を引きづって登場しましたが、コンディションはいかがですか?

 

オカダ「そうですね。昨日今日と、しっかり治療もできましたし、膝の方も休めることができたんで、明日には100パーセントの状態で、リングに上がりたいなと思います」

 

――1月6日の会見では、鈴木選手について「なにも認めるところがない。いつまで経っても嫌い」とコメントしていましたが、前哨戦を戦ってきて、鈴木選手の印象は変わりましたか?

 

オカダ「鈴木軍の勢いは認めます。ただ、鈴木さんのことは、やっぱり、どうしても認めることができないので、それが明日変わるのか? いや、変わらないと思います」

 

――前哨戦を闘ってきて、オカダ選手の印象は?

 

鈴木「印象? そうだね……まぁ、頑張って。(※会場から『調子に乗るな』とヤジが飛ぶ)あぁ、新日本プロレスって客は入ってるけど、ガラの悪い、程度の低い客しかいねぇんだな。ハハハ。こんなファンを作ったのは、オカダ、テメェだ!」

 

――鈴木選手は、事前のコメントで、「すべての仲間を遣う。すべての武器を使う」と荒れ模様の試合展開を予告してますが?

 

オカダ「ボクは、やっぱりこの(IWGPヘビーの)ベルトが賭かった試合ですから、そういう試合は臨まないです。まぁでも、鈴木さんがそういう風に考えてるのであれば、そこまでの対策をしっかり練りたいと思います。ボクには、こんだけの最高のファンの人たちがついているんで、大丈夫だと思います」

 

鈴木「ハハハ! なに? コイツら試合に介入するの? それはいいのか? ハハハ。そうだよな。自分はやってもいいんだよねぇ、人はやってもダメだけど。武器かぁ~、武器はいっぱいあるな。全部武器だもんね、ハハハ!(※会場からヤジが飛ぶ)」

 

――ファンはクリーンな試合を求めてると思いますが?

 

鈴木「クリーンってなに?」

 

――正々堂々という意味で……。

 

鈴木「そうか? そんなの求めてんのか? じゃあ、なんで大会の前に、あんなキャッチコピーつけたんだよ。お前らがつけたんじゃないか。『なにか起こしてくれよ』って。なにか事件を見たいんだろ?」

 

――鈴木選手はいろんな発言をしてますが、秒殺の宣言や、「鈴木軍がこれだけだと思うな」と増殖宣言してますが?

 

オカダ「秒殺は、明日始まらないとわからないことですし。増殖というのも、ボクがいま、あぁだこうだ言うことでもないので、なにもそこはわからないです」

 

――オカダ選手は、いまのところ挑発には乗ってこないですが、オカダ選手を崩す自信はありますか?

 

鈴木「どっちでもいいよ。自信があろうとなかろうと、起きるんだから、そういうことが」

 

――今日、右足を引きづって登場したオカダ選手の姿を見ていかがですか?

 

鈴木「ん?」

 

――オカダ選手の右膝が万全ではないように見えますが?

 

鈴木「ま、それがいまのお前の姿。お似合いだよな(※会場からヤジが飛ぶ)」

 

――“冬の札幌で事件が起きる”というと、 33年前のテロ事件は、鈴木選手の師匠でもある藤原喜明選手が起こしたことでもあり、因縁じみたことを感じますか?

 

鈴木「なに、お前。誘導してるの? 『なんかしてくれ』って。なにもしないとは言わないけど、何も起きないとも言わないけど、なにかやるとも言ってないけどね。さぁ、なにが起きるかな? ちゃんとリングに上がれればいいね、オカダ。ちゃんと上がれたらね」

 

※会見終了後の様子

 

調印書に両者と菅林会長をサインが終わったあと、菅林会長を含めての記念撮影が行われ、最後は2人だけのツーショット撮影が行われた。

 

鈴木は正面を向くオカダを舐めまわすようにガンをつけていたが、そのまま何もせずにおとなしく退場……。と思いきや、ステージを下るために背中を向けたオカダを背後からいきなり急襲!!

 

そのままステージ前のスペースになだれ込み、グランウンド状態でオカダの痛めているヒザを容赦なくグイグイ締め上げると、オカダは「ウワアアア!」と悲鳴を上げて、苦悶の表情。

 

この突然の出来事に、ファンから罵声や「帰れ」コールも巻き起こるなど、場内騒然! 十分に痛めつけた鈴木は満足した様子で立ち上がるが、ペットボトルを投げたファンを威嚇するなど、ピリピリした空気をまとったまま引きあげていった。

 

残されたオカダは痛みをこらえつつ、スタッフと阿部リングアナの肩を借りて、なんとか立ち上がるもかなりの時間を要して、控室へ引き上げていった。

 

参照:新日本プロレス公式サイト

 

スポンサーリンク
 

 

今回の調印式は、会場にお客様を集めての「無料公開」となり、鈴木みのるの暴挙に対してお客様の「生声」が飛び交うことに「リアル」を感じてしまいそう!?になるくらい盛り上がったのではないでしょうか?


これは、鈴木みのるの手柄であり、頭脳である。この調印式を見れば、ある意味「格が違う」ことも分かるのではないでしょうか?

 


イイですか?

 


今回、鈴木軍は2017.1.5 東京・後楽園ホールでいきなり帰還し、鈴木みのるに関していえば、即「IWGPヘビー級選手権」に挑戦出来たわけです。


これは、選手間で物議を醸しだすような展開ですが、それでも「結果」挑戦できるように会社は動いたわけです。


つまり、鈴木みのるだからこそ挑戦できたということ。


常識的に考えれば、段階を踏んでとか、トーナメントに勝利してからとかになるんでしょうが、こんな方法でも挑戦が叶うことを知った選手も少なからず存在したのではないでしょうか?

 


・・・ただね、

 

2012年のオカダ・カズチカも今の鈴木みのるみたいに、いきなり棚橋弘至IWGPヘビー級に挑戦表明したんですよ。


しかも、今回の鈴木みのるみたいな態度で調印式に臨んでね・・・

 

f:id:seki77:20170205055902p:plain

 

2012.1.5 WRESTLE KINGDOM VI PRESS CONFERENCE - YouTube

 


今現在のオカダ・カズチカは、当時の棚橋弘至の立場。

 

いきなり、挑戦表明を受けた棚橋弘至が納得いっていないことが動画で伺えます。けど、結果的に棚橋弘至が負け、「レインメーカーショック」となっていくんですけど・・・


ちょっと、この辺でオカダ・カズチカに当時の暴挙!?を「逆の立場」で味わってもらうのが鈴木みのるの仕事。例え、役者が違えど、今現在のオカダ・カズチカに屈辱を味合わせられるのは鈴木みのるしか存在しない。

 

puroresu.hatenablog.com


これで、今日(2017年2月5日(日) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる)盛り上がってきましたね www


ただ、チケットが完売していないことを考えれば、もう少し何か「煽り」が欲しいところです。

 

f:id:seki77:20170205065250p:plain


ファンがどうしても行きたくなるような話題・・・


それは、おそらく「鈴木軍加入」もしくは、「鈴木軍離脱」的なサプライズ。


誰かが・・・ケイオス裏切りからの鈴木軍入りなのか?

鈴木みのるが敗れてからの鈴木軍離脱者が現れるのか?

 

 


・・・また、ケニー・オメガが現れるのか?

 

puroresu.hatenablog.com


北海道では、何かが起こる・・・

 

最後に


今回の調印式後に、東スポwebの記事が掲載されましたが、結構お客様のコメントが盛り上がっているようです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク
 

 

鈴木軍、北海道大会に関する記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓