読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【感想】抜糸したら退院が見えて来る・・・柴田勝頼選手の日記「REAL TALK」|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170426065055p:plain

 

2017.5.10に更新された柴田勝頼選手の日記「REAL TALK」に書かれていたこと。また、感想も書きます。箇条書きで読みにくいかもしれません 汗

 

前回までの感想記事はこちら

 

  • 頭蓋骨手術を舐めていた。
  • 自分は、麻酔を打たれ、起きたら手術が終わっている・・・しかし、考えが甘かった。
  • 2017.4.9 両国国技館大会後、緊急搬送されてからすぐに行われた1回目の手術に関しては、何がなんだか分からない状態だったが、5月2日に行われた手術は意識がはっきりしている。だから、前回とは状況が違う。
  • 2回目の手術終了後・・・最悪の時間を迎えた。
  • 麻酔が切れた途端激痛・・・おかしくなるくらいの激痛。
  • 気が狂いそうになるくらいの激痛。
  • しかも、体は管につながれている状態であり、まったく身動きが取れない。
  • ただ、枕に頭を乗せるだけでも収まらない激痛・・・痛みに耐えるだけしか出来ない長い長い時間を過ごした。
  • 翌日には、頭の中に繋がられた管とポンプを抜き取りその穴を縫った。しかも、麻酔なしで。
  • ・・・思い出すだけで、ゾッとする。やばいストレス。
  • 今現在は、落ち着いて病室であしたのジョーを見ている。
  • 抜糸したら退院が見えて来るので、あと少しの辛抱。気合で乗り切る。
  • 痛みを感じるということは「生きている証拠だ!」押忍!

 

※日記を読んで個人的見解を交えて書かせて頂いております。

 

情報サイト:プロレス/格闘技DX(プロ格)はマット界の情報を完全網羅!

 

スポンサーリンク
 

 

感想

プロ格スタッフさん!?の日記にも書かれていたような気がしましたが、柴田勝頼選手のメールには、冗談めいた言葉での「気遣い」があると記されていた。

 

私も日記を読んでいるとその「気遣い」が感じられる。これは、私情ですが、日記を書いているということは、そこに画面をのぞき込んで読んでくれている「リアル」が存在します。

 

その人が、読んで面白いと感じられなければ、購読者にはなってもらえない。勿論、現状の柴田勝頼選手を考えればそんなことを言っている状況ではないことは分かっている。しかし、要所要所にスタッフやファン、また、購読者に対する「気遣い」が感じるのです。

 

今回で言えば、あしたのジョー

前々回で言えば、キカイダー

 

ただ、このアニメのタイトルを書いても「気遣い」と感じれる人は少数だけかもしれません。感じ方は人それぞれなので・・・

 

柴田勝頼選手の回復を願いつつ記事を終了と致します、購読ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

柴田勝頼関連記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓