起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】棚橋弘至、新日本プロレスの中心に戻るんじゃないの?


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170913095429p:plain

 

んでしょう・・・


2017.9.16 広島大会のメインイベントは、インターコンチネンタル選手権「棚橋弘至 vs ザック・セイバーJr.」ですよね?


その他に、

 

  • IWGPヘビータッグ
  • IWGPジュニアヘビー
  • ROPPONGI VICE FINAL MATCH
  • IWGPジュニアタッグ

 


・・・そして、2017.10.9 両国国技館では、

 


と・・・


私の目には、皆さん盛り上げているように感じるんですけど、棚橋弘至だけ大口を叩いた割には何もしていないような気がするんですけど。

 

  • 新日本プロレスの中心に戻りたい!
  • インターコンチネンタルベルトを取ってからが重要!
  • 今は、ベルトにプラスアルファ何かをしないといけない!

 

勿論、棚橋弘至の相手ザック・セイバーJr.が前哨戦に参戦していないという事実は存在する。


けど、大口を叩いて話題も作らないのであれば、ただの口だけレスラーになるのでは?

 

まぁ、言い訳として・・・

 

  • 映画の仕事もあったかもしれない。
  • 棚橋弘至的に盛り上げているのかもしれない。

 

けど、田口隆祐のあべみほに対するストーカーやKUSHIDAがエル・デスペラードに対する「ベルトへの権威」など比べれば、どうなんだろう?

 

  

私が言いたいのは、大口を叩いているのであればそれなりに話題つくりをしてほしい・・・いや、作らなければならないのが「エース」であり、広島大会のメインに立つ使命でもあると思う。

 

何度も言いますが、大口を叩いているからこそ盛り上げなければならない。

 

イイですか?

 

スポンサーリンク
 

 


2017.6.11 大阪城ホール大会、内藤哲也からテキサスクローバーホールドで勝利を収めた棚橋弘至

 

puroresu.hatenablog.com

 


そして、2017年6月18日(日)新潟・胎内市総合体育館(ぷれすぽ胎内)大会後にこんなことを言っているんですね。

 

棚橋「インターコンチ(ネンタル王座)のプランどころか、ベルトが(新たに)USもできるし、NEVERもあるし(IW)GP(ヘビー級)もある、インターコンチもある。このベルト乱立をすべて統率しますよ。これは統一とかいうんじゃなく、ベルトごとに明確な基準、条件、そういうものがはっきりしないといけない。その先駆けとして、インターコンチ(のベルト)を、巻く人間、挑戦条件、そういうものをまず明確にします。いや、ようやくね、止まってた時計の針が動きだしました」


引用記事:新日本プロレス

 

 

インターコンチ(のベルト)を、巻く人間、挑戦条件、そういうものをまず明確にします。

 

どうですか?


しっかりとした答えをファンの皆さんは聞いたんですかね?


何度も、何度も言いますが、棚橋弘至は「新日本プロレスの中心に戻りたい!」と言っている。けど、今現在、盛り上げようとしている選手は、棚橋弘至以外のタイトル戦に絡むレスラー達である。


2017.9.16 広島大会のメインに立つのは誰なんでしょうか?

 

ディストラクションシリーズでは、たくさんのタイトルマッチがあるので、話題が分散して分かりにくい部分がありますが、私はしっかりと棚橋弘至を見ていますので騙されませんよ www

 

スポンサーリンク
 

 

 棚橋弘至に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓