起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】棚橋弘至「チャンピオンベルトを失っても、内藤哲也の歓声は多い。」|新日本プロレス


スポンサーリンク

2017.6.22 山形・酒田市体育館大会、棚橋弘至のバックステージコメントを読むとちょっと「ジーン」ときますね.。。。

 

棚橋「ベルトが俺のとこに来て、チャンピオンが俺だったとしても、すぐに地殻は変動しない。それは、俺が言っていた『今、行われていることは、あとになって影響があり、成果が出てくる』といった理論。だから今はどこ行っても、チャンピオン(ベルト)を失っても、内藤の歓声は多い。けど、自分の理論を覆していかないと。チャンピオン、ベルトを巻いてる人間の影響力、これから、今日から、(それを)気づいたんで実行していきます」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

ずぅーと、先頭を歩き続けてきた棚橋弘至が、今は内藤哲也の背中を見ているようなコメント・・・


きっと、棚橋弘至は山形・酒田大会の間に「これ」を読んだから、内藤哲也の名前を試合後のコメントで残したんですね。

 


そう、


週刊プロレス

 

 

 


棚橋弘至は、内藤哲也の記事を読み、「オレの言葉に異論があるなら、会場の反応でオレに気づかせてほしい」と言っている。


オレの言葉とは・・・


内藤哲也棚橋弘至の今現在の序列関係。


インターコンチネンタルベルトを失った内藤哲也は、ベルトがなくとも棚橋弘至より輝ける存在・・・それを肌で感じることが出来るのは、会場に足を運んでくれるお客様の反応。


その反応が最初に感じられる試合が山形・酒田大会だった。


確かに、私も電車を乗り継いで昨日の山形・酒田大会に足を運びましたが、体に感じるお客様の「熱」は、内藤哲也だった・・・

 

f:id:seki77:20170623070716p:plain

 


棚橋弘至自身も、同じように感じたのだろう。


だから、試合後のコメントで「今日から、(それを)気づいたんで実行していきます」と言った。

 


【深読み】過ぎましたか???

 


まーしかし、【深読み】するとプロレスって面白いですね www


ライバル関係と言うか、こーゆう表には出ない「心理」を紐解くと、素直に「棚橋弘至!頑張れ!」と言いたくなりますね。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に


昨日は、内藤哲也の35歳の誕生日。

 

それでいて、メインで闘う。


私は、100%「デ・ハ・ポン」が出来ると思い会場まで行った。もちろん、当日券を求めて。


・・・予想通り、最後は「デ・ハ・ポン」でしたが・・・


あの「お誕生日おめでとう!」の熱気「ムンムン」の中、最後のマイクで自分の誕生日に対して全く触れないところに「内藤哲也」を感じましたね。


他の選手なら「今日で35歳になりましたぁ~」って言いそうですけどね~ www

 

では、では。

 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓