起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

紫雷イオ「推された選手が改心しない限りは、団体がどんなに推したって本人の中身が空っぽだから大成しない。」


f:id:seki77:20171125043223p:plain

 

された選手が改心しない限りは、団体がどんなに推したって本人の中身が空っぽだから大成しない。

 


たら団体にプッシュされちゃって逆にかわいそうな人もいる。自分の成長にプッシュが見合わなくて・・・カッコ悪いところばかりさらすことに・・・それで人気が低迷する。

 


に、チャンスがもらえない人は、本人的には悔しいと思うが、カッコ悪いことをさらす機会がない。

 


結論として・・・


プッシュされた上で本人が努力するのが最良。

 

 

この解説・・・本当にしっくりと来る。


我々ファンとしては、その選手の気持ちが分かるわけでもなく、その選手の友達でもない。


性格も分からなければ、常日頃何を考えているかさえ分からない。


だから、上記のような言葉で説明してもらうと非常に分かりやすいのである。


・・・これは、今週号の週刊プロレスに書かれていた「紫雷イオの逸女でしょ!」紫雷イオの言葉である。

 

 

 


彼女は、今現在の女子プロレス界の頂点の人間だ。

その頂点の人間が、「中身が空っぽだから大成しない」と言っている・・・

 

あえて、名前を出させていただくと、この紫雷イオの説明に該当する新日本プロレス選手・・・


それは、YOSHI-HASHI後藤洋央紀だ。

 


逆に、近年でプッシュされチャンスを手中に収めたレスラー・・・


それは・・・


内藤哲也柴田勝頼ケニー・オメガ、EVIL、高橋ヒロム、BUSHI、石井智宏


・・・これは、私個人の意見なので賛否はあると思うが、内藤とケニー、柴田、ヒロムに関しては賛成意見の方が多いだろうと思う。

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

レスラーも人間である。

 

超人かもしれないが、我々ファンと同じ人間。


そのように考えれば、チャンスを手中に収められないレスラーと言うのは、やはり、仕事が出来ない人間であり、ただただ、サラリーマンをやっている社畜のように思う。


勿論、新日本プロレスというカテゴリーだけで物事を捉えれば、所属しているだけでプロレス界では「エリート」。


よく、東大でも東大の中にバカがいるという話があるが、それと似た感じ。


また、大企業に勤めている人でも仕事が出来ず、給料ドロボーと呼ばれちゃう人間も存在する。


はたから見れば、大企業のブランドさえ見せつければ、会社で何をしてようが凡人にはエリートに見えてしまう。

 

新日本プロレス

 

我々から見ればプロレス界の大企業。


そこで、大成出来たら、大企業で出世したと同じ。


逆に、プッシュされチャンスを手中に収められないレスラーは・・・


運だけじゃ人生は動かない。チャンスを得ても後が続かなければ・・・ 

 

最後に。

 

木谷高明氏は、ツイッターでこのようにつぶやいている。

 

 


「選手個人の発信も比較的自由」


つまり、発言に対しても自由を与えられているということ。


推された選手が改心しない限りは、団体がどんなに推したって本人の中身が空っぽだから大成しない。


・・・この紫雷イオの言葉がすべてである。

 

スポンサーリンク
 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラは当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けている。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓