起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】飯伏幸太「みんなが思ってるほどケニー・オメガには全く興味ないですよ。正直どうでもいい。」|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20171105055844p:plain

 

日(2017.11.5)、大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)で、インターコンチネンタル選手権試合「棚橋弘至 vs 飯伏幸太」が行われますが、この一戦についてだけ大阪大会の最後の【深読み】をさせて頂こうと思います。


私はこれまで、予想は棚橋弘至の勝利で、理想は飯伏幸太の勝利と思ってきましたが、ここにきて棚橋弘至飯伏幸太の考え方があまりにもかけ離れていることに気が付きました。


まぁ、所属とフリーと言う立場上、考え方の相違があるのは当然で・・・ただ、飯伏幸太の最新のつぶやきは点を点のままに終わらせる・・・そのように感じます。

 

 

 


結局、ファンとして2018年の東京ドームでケニー・オメガ vs 飯伏幸太は見たいのです。

 

puroresu.hatenablog.com

 


あなたもそう思っていませんか?


棚橋弘至のインターコンチネンタルベルトのコンセプトは、「ファンが望むカードを瞬時に用意する」ですが、「ただ一つ言えることはみんなが思ってるほど彼には全く興味ない。正直どうでもいい。」と飯伏幸太に言われてしまえば、ただ、闘うだけ・・・


それでも、見たいことは確かなわけで。


今の飯伏幸太を想像すると、フリーと言う立場上、何が欲しいのか?と考えればやはり「人気」になるのかな?


ぶっちゃければ「金」。


まぁ、生きていくためにお金は必要だし、フリーと言う立場上、安定的な収入があるわけでもない。


棚橋弘至から本日のタイトル戦に向けて「覚悟」というワードがよく飛び出すが、それはプロレス界全体の発展のことを考えての発言だろう。けど、飯伏幸太は「別の方法で盛り上げる」と言っていることから、何かを期待せずにはいられない。


ただ、どーしても見え隠れしてしまう「金」と「人気欲しさ」。


・・・もしかしたら、そう感じてしまうのは私だけかもしれないが・・・。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


私は、飯伏幸太のつぶやきに踊らされてみました。けど、ファンに対して問いかけるのに対して最終的な答えを明かさないことについてはちょっと幻滅かな。


それが、飯伏幸太のイイところと言われればそうかもしれないが、結局、答えの分からない問いに関してファンに想像させ、結局、線にならず点のままに終わるのは如何なものか?


本日行われる大阪大会。


多くのファンは、この大会全体に期待している。


ただ、期待値が大きい分、期待外れもあり得る展開。そのメインが飯伏幸太であるならば、「G1クライマックス27」鹿児島大会みたいにはならないでほしい。


・・・これからは相当ネジれた【深読み】になる。


今回の大阪大会で2018年東京ドームのタイトル戦はほぼ決定するだろう。


だから、当然ながら期待値は上がる。その証拠にチケットは3週間前に完売。

 

puroresu.hatenablog.com

 


そのリングのメインイベントに立つのが飯伏幸太


なぜ、この大会のメインに飯伏幸太を上げたのか?


ちなみに、飯伏幸太が近々のシングルでメインに上がった対戦相手は棚橋弘至内藤哲也オカダ・カズチカのみ。


まぁ、私の答えは満員になることが分かっていたから飯伏幸太をメインに立たせた・・・である。

 

PS

もし、1%の可能性があるのであれば内藤哲也飯伏幸太のタッグは見てみたい!

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

もし、1%の可能性があるならば「あっ!」と驚くようなサプライズが用意されていれば嬉しい。

 

puroresu.hatenablog.com

スポンサーリンク
 

 

飯伏幸太に関する記事一覧はこちら

 

ケニー・オメガに関する記事一覧はこちら

 

ワールドタッグリーグ2017に関する記事一覧はこちら

 

⇒ 「スイッチブレード(切り裂きジャック)」に関連する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓