薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

高橋ヒロムはジュニアの「顔」になった|ベスト・オブ・スーパージュニア25 新日本プロレス


日、新日本プロレス公式から「ベスト・オブ・スーパージュニア25」出場選手及び組み合わせカード、ブロック分けが発表された。

 

Aブロック

 

 

 

Bブロック

 

 


・・・そんな中、メインを締める回数と生中継の組み合わせカードは誰なのか?ちょっと調べてみた。

 

スポンサーリンク
 

 

 

◆メインを締める回数

 


純粋にこのメインを占める回数を見ると、KUSHIDAの回数が少ないのと、ロッポンギ3KのSHOが1度もメインを飾ることが出来ないことが分かると思う。

 

 

生中継のメインカード

◆2018年5月18日:東京・後楽園ホール

※ワールド、サムライTV

ウィル・オスプレイ vs 石森太二

 


◆2018年5月19日:東京・後楽園ホール

※ワールド、サムライTV

高橋ヒロム vs マーティー・スカル

 


◆2018年5月22日:東京・後楽園ホール

※ワールド、サムライTV

高橋ヒロム vs エル・デスペラード

 


◆2018年5月26日:愛知・名古屋国際会議場・イベントホール

サムライTV

ウィル・オスプレイ vs BUSHI

 


◆2018年5月27日:愛知・名古屋国際会議場・イベントホール

サムライTV

高橋ヒロム vs 田口隆祐

 


各会場、大会のメインを締めるのは選手にとっては重要なこと。でも、それよりも生中継でメインを締めれることはもっと需要なことです。


そんな中、高橋ヒロムは、ウィル・オスプレイよりメインを締める回数は少ないものの、生中継のメインは勝っている。


あと気になるのが、ケイオスをベビーとするなら、ヒールユニットが生中継のメインを飾る回数が多いことだ。


ちなみに、私的に1番は決めれないものの、楽しみなカードの1つに「高橋ヒロム vs 田口隆祐」がある。

 

f:id:seki77:20180508063242p:plain


この闘いは、去年・2017年3月6日 旗揚げ記念日 IWGPジュニアヘビー級選手権試合の組み合わせカードでもあるのですが・・・

 

 

あなたは覚えていますか?

 

  • セイシ(生死)をかけて・・・
  • 五七五・・・
  • タイムボンバー・・・

 

極めつけはこの煽りVTRですね www

 

youtu.be

 

ちなみに、高橋ヒロムにとっての田口隆祐は「恩人」。内藤哲也との関係性は「プロレスを教えてもらった」と有名なエピソードですが、この世界に招き入れてくれたのは田口隆祐なのです。

 

もし、田口隆祐が入団テストのとき「あの子いいね~」と会社に言わなければ、今の高橋ヒロムは存在しません。

 

www.njpw.co.jp

 

また、この対戦は、あの日のメインのオカダ vs タイガーマスクWの期待値を飲み込んでいましたね。それほど注目されたカードでもあるのです。

 

puroresu.hatenablog.com

 

私・・・この両者の優勝決定戦はないと思っていたので、同ブロックにならないかなぁ~と願っていたので非常に楽しみ www

 

 

尚、優勝予想などは、また別の記事で書かせていただきます。まぁ、私の予想など当たらないんですけどね。


では、では。

スポンサーリンク
 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓