薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】高橋ヒロムベルト返上!そして、トーナメント。BUSHIの「おたけび」の意味はコレか!|新日本プロレス


2018年8月20日、次期シリーズ「ディストラクション」について記者会見が行われた。

 

youtu.be

 


そして、会見の冒頭で高橋ヒロム選手がプロデュースしたVTRが公開され、自身のIWGP Jr.ヘビー級王座返上を発表。それに伴い、第82代王者を決めるトーナメントの開催も明らかになった。

 

youtu.be

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

VTRの内容

 

インタビュアー「えー、本日は高橋ヒロム選手から一通の手紙が届いております。私が代読で読み上げさせていただきます(※と言ってヒロム直筆の手紙を読み上げる)」

 

★ヒロムの手紙


皆さんヤッホーお久しぶり!

ポニポニビーム発射5秒前! 4.3.2.1.ポニーーーーーーーー!


みんなに俺の試合を見せられなくてとても悔しい、そしてなによりIWGP Jr.チャンピオンとして情けないです、ごめんなさい


俺はまだ試合できないんだ!だから復帰するその時まで、この顔面そしてこのボデェーも見せたくないんだ!


だから今日はベルトさんに喋ってもらおうと思って、、それじゃベルトさん!よろしく!


ヒロムより


インタビュアー「ということで、本日はベルトさんにお越し頂きました。それではインタビューを開始させていただきます。まずヒロム選手の首の調子はいかがですか?」

 

ベルトさん「うん、たぶんもう治ってるよ!」

 

インタビュアー「本当ですか? ヒロム選手はいつ頃復帰を予定されてるか知っていますか?」

 

※ドアをノックする音

 

ベルトさん「はーい」

 

※菅林直樹会長が登場

 

インタビュアー「あ、会長!」

 

菅林「ちょっと話があるので…」

 

インタビュアー「あ、そうですか。ちょっとこれで1回僕は…失礼いたします。すみません」

 

ベルトさん「あ、会長だ! こんにちは、ベルトさんです」

 

菅林「今日は大事なお話があります」

 

ベルトさん「スガちゃ~ん」

 

会長「真面目なお話です」

 

ベルトさん「ヒロムくんの復帰戦の話ですか? なんか、やりたい相手がいるって言ってたよ」

 

菅林「違います。実はヒロム選手、ベルトを返上してもらうことになりました」

 

ベルトさん「えぇ!? なんで? なんで?」

 

菅林「今よりさらにジュニアの闘いを活性化させるためにも、ここは返上してもらいます。そしてヒロム選手は、100%の回復では足りません。1000%の回復をして、このベルトを奪いに来て下さい」

 

ベルトさん「そうだよね、僕もジュニアのためにそうしたほうがいいと思う!次のチャンピオンは誰かな? 楽しみ」

 

菅林「ということでベルトは預かります。それではまた(と言ってIWGP Jr.ベルトを持って立ち去る)」

 

ベルトさん「じゃ、みんな、まったね~」

 

ヒロムの声「もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! みんなでーー! 楽しもうぜーー!!(※ヒロムが描いたLOS INGOBERNABLES de JAPONメンバーの絵と手書きのクレジットタイトルが映し出される)」
 


ここから菅林会長が主要対戦カードを発表。また、10月16日(火)開幕の『Road to POWER STRUGGLE』で毎年恒例の「Super Jr. Tag Tournament」が開催され、今年はトーナメントではなく“リーグ戦形式”で行われることも明らかになった。

 

■質疑応答


――ヒロム選手の復帰時期はどのくらいになりそうですか?

 

菅林「タイトルの防衛期限が半年間となっておりまして、現状では復帰までにそれ以上かかりそうなので、一応、返上してもらいました」

 

――IWGP Jr.王座決定トーナメントに出場する4人の選考理由は?

 

菅林「この4人は直近のチャンピオンでしたので、十分トーナメントに出る資格があるという判断で、この4人を選出しました」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

 

そして、IWGP Jr.王座決定トーナメントに出場する4人選手と大会日程はこちら。

 


◆9月23日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
IWGP Jr.ヘビー級王座決定トーナメント1回戦


KUSHIDA vs BUSHI

 

◆9月30日(日) アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ

IWGP Jr.ヘビー級王座決定トーナメント1回戦

 

ウィル・オスプレイ vs マーティ・スカル

 

◆10月8日(月) 東京・両国国技館

IWGP Jr.ヘビー級王座決定トーナメント決勝

 

KUSHIDA or BUSHI vs オスプレイ or スカル

 

 

ここで、【深読み】・・・

 

スポンサーリンク
 

 


私は、2018年8月12日 東京・日本武道館G1クライマックス28・優勝決定戦」で今でも記憶の中に残る、ある意味「衝撃的な光景」を覚えている。

 

それは、棚橋弘至飯伏幸太の一戦ではなく、第6試合目のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン vs 鈴木軍の試合のときだ。


この試合、ザックセイバーJrと内藤哲也が絡むと多くの人が予想していたが、まさか、まさか、鈴木みのるが絡んでくるという、ある意味、衝撃的な光景があった。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


しかし、私にはそれよりも「衝撃的な光景」が存在した。

 

それは、BUSHIのおたけび。

 

f:id:seki77:20180821064844p:plain

 

BUSHIと言えば、クールに試合をするのが当たり前の中、このときだけ、キレのあるアクションを交えてのおたけびを上げたのである。

 

BUSHIの「おたけび」で強く印象に残っているのは、2016年2月14日 新潟・アオーレ長岡IWGPジュニアヘビー級選手権試合」 KUSHIDA VS BUSHIのとき、マスクを強引に破りにかかったKUSHIDAに対して「怒り狂った」BUSHIの印象がとても強い。

 

youtu.be

 

f:id:seki77:20180821065451p:plain

 

f:id:seki77:20180821065556p:plain

 

f:id:seki77:20180821065629p:plain

 

f:id:seki77:20180821065712p:plain

 

スポンサーリンク
 

 

私的な体感レベルでは「これ以来かな」って思う。BUSHIが激しくおたけびを上げたのは。


それくらい、BUSHIという選手はクールなのだ。

 

この「おたけび」の意味を【深読み】すると・・・


「気合」であり、何としてもIWGP Jr.ヘビー級のベルトを巻いてやる!高橋ヒロムが欠場している間、何としても守り抜いてやる!といった気合が感じられたのである。

 

勿論、これは、後付け。


おたけびを上げてから「返上」するアナウンスがあったので。

 

ただ、選手側に、このトーナメントをすると告知されていたのであれば、この「おたけび」は、心に突き刺さるものがある。


高橋ヒロムが「ベストオブスーパージュニア25」で優勝し、トロフィーをかざし、メンバーを中心に集めようとした際に、BUSHIだけちょっと躊躇していたのが、気にはなっていた。

 

f:id:seki77:20180821070433p:plain


つまり、同じジュニアとして悔しい気持ちがあったのではないか?


例え、同ユニットの選手が優勝しても、同じように喜べるわけなどない。


ここで、トーナメントというある意味「チャンス」がBUSHIには訪れた。


本来なら、返上したベルトを奪い合うのではなく、実力で奪いにいきたいだろうが、今の心境はどうだろうか?


2019年1月4日:東京ドームでIWGPジュニアの一戦があるのであれば、そこにはBUSHIが立っている方が、面白い。


また、BUSHIが立っていれば、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンファンも大きな歓声で後押ししてくれるはず。


まぁ、先のことは分からないが、このトーナメント戦は、始まる前からBUSHIに期待し、そして応援する舞台は出来上がっている、これ以上ないシチュエーション。


あの雄叫びが「高橋ヒロムのため」であり、「チャンス」をモノにするためであれば胸打つ瞬間だ。

 

 

最後に。


明日、2018年8月22日と8月29日に新日本プロレスワールドで配信されるCMLLの試合でゲスト解説にBUSHIが登場する。このトーナメント戦に向けて何かしらのコメントを発すると思うので、注目したい。

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也デビュー10周年記念DVD NAITO 10 ANIVERSARIO
TCエンタテインメント (2016-08-26)
売り上げランキング: 24,740
楽天ブックス

 

16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア
ジュウロクホウイ(16directions) (2018-04-28)
売り上げランキング: 52,177
楽天

 

もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L)
シナダグローバル (2016-09-30)
売り上げランキング: 1,418
楽天 (ベビー、キッズと雑貨のお店ナカヤ)

 

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

高橋ヒロムに関する記事一覧はこちら

 

BUSHIに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する雑誌一覧

 

鈴木みのる:鈴木軍に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。