起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

高橋ヒロムのプロレス脳、KUSHIDAより1枚も2枚も上手である|新日本プロレス


スポンサーリンク

日本プロレスワールドで「無料公開」された、2017.3.20 新潟・アオーレ長岡大会の試合後の高橋ヒロムとKUSHIDAの動画・・・

 

f:id:seki77:20170321190833p:plain

 

 

 

 

※試合終了後のゴングが鳴らされた後も、場外で乱闘を繰り広げたKUSHIDAとヒロム。

アリーナの向こうでも乱闘は止まず。


最後はバックステージのフロアでKUSHIDAが馬乗りになって、「(挑戦を)受けんのか? 受けないのか?」と迫りながらパンチを浴びせる。


「やりたいんだろ?」と返すヒロムに対し、「いつだ?」とKUSHIDAが腕十字を決めながら迫ると、ヒロムは「そんなんじゃ折れないぞ!」と挑発。


KUSHIDAが力任せにヒロムの右腕を伸ばすと、バックステージにヒロムの悲鳴がこだました。


ようやく若手に引き離されたKUSHIDAが、フロアに大の字になったままのヒロムを尻目にしてやったりの表情で引き揚げていった。

 


 
ヒロム「(※しばらくフロアに大の字のまま)フハハハハ……。ハア~、やっと、やる気見せてくれたね、KUSHIDAくん。


俺はうれしいよ。


こんなにバチバチやり合える相手、久しぶりだあ~! 


(※若手に)ベルト貸せ。


このベルトが、このベルト欲しくてたまんないんだろ? 

このベルト、俺は絶対にやらねえよ。


(※ベルトに語りかけるように)ベルトさん、KUSHIDAなんて、大っ嫌いだよねえ~? 


アハハハハハ、アハハハハハ、アハハハハハ、大好きだよ、ベルトさん。


アハハハハハ、アハハハハハ、笑えてくるぜ、KUSHIDAの野郎。


このベルトさん獲るのに必死だよ。


もっと最初からさ、俺に丸め込みで勝った後から、もっとこの調子で来いよ。やるのが遅いんだよ。全部、全部、あいつ、俺の一歩後ろを進んでんだ。わかるか? 


もっと早くやってくれよ。まだ(※右腕を確かめて)生きてるよ、右腕。まだ俺の右腕、ピンピンしているよ。ハハハハハハ、ハハハハハハ、ハハハハハハ……」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

この動画を見ると、やはり高橋ヒロムの方が、1枚も2枚も上手である。

 

どこが???

 

はい。

 

対戦相手を「怒らせる」という部分。

 

結局、怒った方が負けで、怒らせた方が勝ちという「単純な答え」だが、プロレス脳がないチャンピオンというのは、斜に構え、何か行動を起こすことが恥ずかしいとか、カッコ悪いとか思うのである。

 

更に言うならば、お客様を楽しませるために行動しているのが高橋ヒロム

 

もしかしたら、動画を見て不快に感じる人もいるかもしれないが、これくらいのインパクトを与えられるから、会社が時限爆弾として高橋ヒロムを帰国させ、2017.4.9 両国国技館の「セミファイナル」を任せられるのである。

 

www.njpw.co.jp

 

 

今回の両国は、オカダ・カズチカ vs 柴田勝頼だけ注目されているようだが、高橋ヒロムの「1万人規模の会場」でジュニアが「セミファイナル」という功績も実は凄いのである。

 

スポンサーリンク
 

 

高橋ヒロム関連の「おススメ記事」一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

sinota.hatenablog.jp

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓