読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也のプロレスに対する「厳しさ」や「情熱」


スポンサーリンク

2016/08/07日16:00~静岡・アクトシティ浜松大会で行われたG1クライマックス・・・

 

f:id:seki77:20161001173947j:plain

 

内藤哲也 vs EVIL

 

この戦いで、内藤哲也のプロレスに対する「厳しさ」や「情熱」そして・・・ロス・インゴベルナブレス・デハポンを「No.1ユニット」にするハングリー精神的なものが垣間見れました。

 

内藤哲也がEVILから勝利した瞬間に、BUSHIとSANADAがリングの上に上がり、EVILに対して声をかけているシーンがありました。

 

そこで、EVILに対してどんな言葉をかけたかは、想像の世界でしか分かりませんが、「大丈夫か~?」的なことではないかと推測しています。

 

そこで、内藤哲也がとった次の行動に、色々な感情を抱きました。

 

BUSHIとSANADAをEVILから遠ざけたのです。

 

はねのけた!?といいますか、「触るな!あっちイケ!」みたいな感じ・・・

 

この一連の行動を深読みすると・・・

 

プロレスは、そんなに甘くない!

プロレスは、厳しい世界だぞ!

そんなダメージ大したことない!

1人で起き上がらせろ!

触るな!助けるな!肩を貸すな!

 

・・・そして、内藤哲也はEVILの髪の毛を握り「無理やり」立ち上がらせ、しっかりとEVILの眼を睨みつけ、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの団結フォームである、拳を天に突き上げました。

 

その眼に映る言葉を活字にすると・・・

 

このまま突っ走るぞ!

もっと、もっと、もっと、練習しろ!

俺を倒せ!まだまだだぞ!

ロス・インゴベルナブレス・デハポンはこんなもんじゃないぞ!

ナンバー1ユニットになるんだぞ!

 

そして、EVILが時間をかけて拳を交じり合わせて、

 

あぁ~分かってる・・・今日の戦いでわかったよ!内藤哲也の強さは分かっよ!超えてやるよ、もっと、もっと、もっと練習して倒してやるよ、そして、俺EVILがロス・インゴベルナブレス・デハポンを引っ張っていってやるよ!

 

ロス・インゴベルナブレス・デハポンのスタイルは、お客様目線である事は誰もが知っている事実。

 

今風に言えば・・・

 

お客様ファースト。

 

地方大会でも手を抜かず100%お客様を楽しませると言う感情が、我々にも伝わってきます。

 

勿論、他の選手がお客様ファーストではない!と言っているわけではありません。ただ、他のユニットは「個々の主張」が強いと言うか、「団結力」に欠けるのです。

 

ただね、プロレスラーである以上、俺が、俺が精神は必要です。けど、それをお客様に感じさせることが出来なければ「プロ」として失格。

 

あえて、どのユニットが?どの選手が?とは言いませんが、選手を好きになるのも、実力を認めるのも、人気を高めるのもお客様の力が必要不可欠なのです。

 

その辺を踏まえると、ロス・インゴベルナブレス・デハポンというユニットは、今現在新日本プロレスの「ド真ん中」に位置するし、もしかしたらプロレス界の「ド真ん中」になる可能性は高いのでは?と思う今日この頃・・・・・

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【 PR 】

 誰でも簡単に・・・何もしないで毎月10万を確実に稼ぐ「詐欺師!?」の方法