読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也の対戦相手が「ジェイリーサル」になったことで11/5大阪で高まる「デ・ハ・ポン」合唱!


スポンサーリンク

2016年11月5日 (土)大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)で行われる「IWGPインターコンチネンタル選手権試合」がマイケル・エルガンの「眼窩底骨折」のため対戦相手が「ジェイ・リーサル」に変更になった。

 

また、10.15台湾、次期シリーズを全戦欠場することになった。

 

www.njpw.co.jp

 

なぜ、骨折したか?

 

2016年10月10日 (月) 東京・両国国技館で行われた、第6試合「スペシャル8人タッグマッチ」で内藤哲也の「低空ドロップキック」がマイケル・エルガンの左眼に刺さり、骨折した。

 

痛々しい画像がこちら・・・

 

 

 

 

 

 

f:id:seki77:20161014064324p:plain

※マイケル・エルガンのツイッターより

 

ただ、これは、「事故」であり、「わざと」ではない。

 

ネットでは、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの連中やりすぎ!ケガをさせるのは、「プロ」ではない、「3流だ!」とか書かれているが、何度も言うが「わざと」ではない。

 

だから、マイケル・エルガンにはしっかりとケガを治してもらい、内藤哲也にリマッチをしていただきたい。

 

復帰戦で内藤哲也にリマッチとなれば、会場は盛り上がると思うので。

 

スポンサーリンク
 

 

マイケル・エルガンのケガによる試合変更情報と他の情報

 

www.njpw.co.jp

 

 

www.njpw.co.jp

 

 

www.njpw.co.jp

 

今回、「IWGPインターコンチネンタル選手権試合」の内藤哲也の相手が、マイケル・エルガンから「ジェイ・リーサル」に変更になったことで、大阪のお客様は「がっかり」している方もいるでしょう。

 

しかし、この大阪大会では、「イベント」がたくさん用意されている。

 

 

◆「デハポン」のマイクが聞けるチャンスが広がったと考えれば、「プラス感情」が湧くのではないだろうか?

 

 

◆ 2016年11月5日と言えば・・・「時限爆弾」が爆発する日だ。

 

◆ インターコンチネンタルベルトは、「何色に」染められてくるのか?

 

 

◆ 東京ドームまで、どのような「ストーリー」を内藤哲也は考えているのか?

 

 

◆ 2016年9月17日の東京・大田区総合体育館IWGPジュニア戦・KUSHIDAvsBUSHI戦に登場した「パレハ」はこの大会で現れるのか?

 

puroresu.hatenablog.com

 

 まぁ、これだけでも楽しめる要素はたくさんあるが、私がもっとも期待している「イベント」は・・・

 

 

 

これだ!!!!!

 

 

 

内藤哲也が勝利した後、誰が、IWGPインターコンチネンタルに挑戦するのか?

 

 

大方の予想では、「棚橋弘至」が挑戦表明をして東京ドームでの対決をするとされているが、私の予想は異なる。

 

 

まぁ、次の記事を見て頂きたい。

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【 PR 】

 誰でも簡単に・・・何もしないで毎月10万を確実に稼ぐ「詐欺師!?」の方法