読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

棚橋弘至は、11/5大阪でイノベーションと言う「爆弾」を落とすかもしれない・・・

棚橋弘至 本隊

スポンサーリンク

今日棚橋弘至の日記公開された。

 

この日記は、新日本プロレススマホ会員にしか読めない日記であり、他にも、BUSHI、内藤哲也後藤洋央紀などと言ったレスラーが2週間に1度更新する。

 

http://sp.njpw.jp/

 

 


そんな中、今日の棚橋弘至の日記・・・面白かった。

会員しか読めないので、詳しいことは書けないが・・・

 


本当に面白かった。

 

f:id:seki77:20161020083812j:plain

 

 

今、棚橋弘至は、悩んでいる・・・もしくは、変わろうとしている、


また、「変わらなければならない」とも思っている。

 

 

 


・・・いや、


変わる決意が付いているのかもしれない。

 


今現在、新日本プロレスの「ド真ん中」に存在するレスラーは、「内藤哲也」であり、ロス・インゴベルナブレス・デハポンであることは、誰が見ても分かる。

 

f:id:seki77:20161020084303j:plain

 

 

 

 


我々、1ファンとしてプロレスを見ていても、会場でロス・インゴベルナブレス・デハポンのグッズを身に着けている人が多いことは「誰でも」分かる。

 

f:id:seki77:20161020084155p:plain

 

 

 

 


内藤哲也の入場曲「STARDUST」が流れれば、会場からは「大きな」手拍子と、「大きな」内藤コール。

 

f:id:seki77:20161020084534j:plain


入場しただけで「金の雨」を降らせることが出来るのは、ロス・インゴベルナブレス・デハポンしかいない。

 

 


ベルトを投げても、

 

f:id:seki77:20161020085358p:plain

 

 

 

踏ん付けても・・・

 

f:id:seki77:20161020085434p:plain

 

「ブーイング」ではなく「歓声」が巻き起こる。

 

 

 

しかし、この景色と歓声と金の雨・・・


2015年くらいまでは、「棚橋弘至」にあった。

 

f:id:seki77:20161020091348p:plain

 

そう、


新日本プロレスの「ド真ん中」に存在していたのは棚橋弘至であった。

 


でも、今の「ど真ん中」は、内藤哲也、ロス・インゴベルナブレス・デハポンであることを棚橋弘至が1番分かっている。

 

そして、他のレスラーも・・・

 

 

 


棚橋弘至は、意識している。

 

内藤哲也、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの事を、「強く」意識している。


試合後のコメントを見ても、棚橋弘至の口から発する言葉は、「ロス・インゴベルナブレス・デハポン」に関することがマジで多い。

 


今回の日記の中に、
このような「ワード」が書かれていた。

 

捨てる。

 

 

 

要は、

 

今現在の新日本プロレスのエースは、オカダ・カズチカ

新日本プロレスの「中心」は、内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポン


この2人が、棚橋弘至の今まで背負ってきた大きな、大きな、大きな看板であるならば、今現在の棚橋弘至を「捨てる」ことは可能なのです。


もし、捨てても、新日本プロレスの躍進は止まらない。


だから、「自由」に何でもできることを棚橋弘至は分かっているのかもしれない。


例え、変革が失敗しても、オカダカズチカと内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンがいれば、何度でもチャレンジできる。

 

 


そう、

 

やり直しができるのである・・・何度でも。

 


そう考えれば、我々の想像以上の棚橋弘至を11/5大阪大会では見せつけてくれそうな予感「も」する。そのような「日記」であった。

 

 


イノベーション・・・

 

爆弾。

 

SANADAに対してなのか?

内藤哲也に対してなのか?

 

新日本プロレスに対してなのか?

 


棚橋弘至なら出来る、期待してしまう 笑


では。

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【 PR 】

 誰でも簡単に・・・何もしないで毎月10万を確実に稼ぐ「詐欺師!?」の方法