起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也、「メイン」でジェイ・リーサル相手に11/5大阪を満員にしたら・・・さらに勢いを増すのではないか?


スポンサーリンク

2016年11月5日、大阪大会で、会場が「満員」になったら・・・

 

会社は内藤哲也に頭が上がらなくなるのでは?

 

 

f:id:seki77:20161024173514p:plain

 

 

 

 


考えてほしい。

 

 

 

 


プロレスラーとして、「メイン」で戦うことは夢である。

 

ましてや、自分がメインに立ち「満員」となれば自分の手柄だと思うのが「俺が!俺が!」のレスラー魂である。

 


そんな中、11/5の大阪大会では・・・


あまり名の知れていない「ジェイ・リーサル」が内藤哲也の相手だ。

 

 

 

 

 

 

・・・あなた、

 

ジェイ・リーサルを見たくて大阪大会に足を運ぶのかい?

 

 

 

・・・あなた、

 

ジェイ・リーサルを「心の底から」好きで大阪に足を運ぶのかい?

 

 

 

 

・・・あなた、

 

内藤哲也の相手は、ジェイ・リーサルよりマイケル・エルガンの方がイイと「今も」思っているのではないか?

 

 


もし、11/5大阪大会で内藤哲也がジェイ・リーサル相手に会場が「満員」となれば新日本プロレスの会社としては、内藤哲也に頭が上がらなくなるのではないのか?


勿論、2016/11/5の大阪大会では「内藤哲也 vs ジェイ・リーサル」の他にも注目カード、注目する選手は存在する。

 

 


IWGPインターコンチネンタル選手権試合

内藤哲也 vs ジェイ・リーサル

 

スペシャシングルマッチ

棚橋弘至 vs SANADA

 

◆NEVER無差別級選手権試合

柴田勝頼 vs EVIL

 

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

KUSHIDA vs BUSHI

 

 

棚橋弘至柴田勝頼、KUSHIDA・・・

 

 


けど、やはり「メインイベンター」として戦うことでプロレスラーとしての意味を成す。

 


最近、新日本プロレスワールドで公開された「特別企画 NJPW Jr KUSHIDA #1」を見ても分かる通り「メインイベント」として立つことを「強く」公言している。

 

http://njpwworld.com/

 


だから、自分がメインに立ち、「満員」となれば人気・注目・話題と三拍子揃うことになるため、自信につながるのである。

 

そして、会社としての「プッシュ」を更に頂けるようになる。

 


最後に、もう1度だけ言うが・・・

 


もし、2016/11/5の大阪大会・・・

 

満員・・・超満員で「5,000人」のお客様を集めることになれば、内藤哲也の価値はさらに上がるだろう。

 

※2016/11/5 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)現在のチケット状況 (2016/10/24現在)

 

f:id:seki77:20161024173547p:plain


そして、内藤哲也の「自信」はさらに高まるでしょう。


では。

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【 PR 】

 誰でも簡単に・・・何もしないで毎月10万を確実に稼ぐ「詐欺師!?」の方法