読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

感想!内藤哲也と棚橋弘至の記者会見|2016.11.7 新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20161107204104p:plain

 

内藤哲也棚橋弘至の記者会見を主観的に捉えると、内藤哲也の正論過ぎる発言に棚橋弘至が何も言えない感じに見えましたが、冷静に、そして俯瞰的に考えると棚橋弘至に「喝」を入れていたように感じますね。

 


このように・・・


もっと、真剣にプロレスのことを考えようぜっ!と。

 


内藤哲也は、棚橋弘至のことを下だの、棚橋程度には収まりたくない・・・一見、バカにしたような発言にも感じますが、裏を返せば、かつての棚橋弘至を見せてくれよ!的な捉え方もできます。


内藤哲也という男は、挑発的で正論を語りますが、常にお客様目線で、どーしたら新日本プロレスが面白くなるか?どーしたら新日本プロレスに金の雨が降るのか?


まるで子供のように真剣に考えている。


だから、「闇」のEVILが誕生し、「サイボーグ」のSANADAが誕生。・・・会社が考えたかもしれませんがね。


もし、内藤哲也のパートナー「X」が高橋ヒロムなら、あのキャラは誰が考えたのでしょうか?

 


また、内藤哲也の影響をもろに受けているのが「柴田勝頼」。

 

リマッチ権を新日本プロレスに要求しましたよね?

そして、シンガポール大会で実現。

 

11/15(火) 19:00 シンガポール・マリーナ・ベイ・サンズ(サンズ・エクスポ&コンベンションセンター ホールB)| WRESTLING WORLD 2016 IN SINGAPORE|Match Information|新日本プロレスリング


リマッチ権についても内藤哲也が言っていたこと。


でも、この流れは、イイ方向に向かっている・・・そんな感じがします。


以上。

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓