読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

予想!内藤哲也タッグパートナー「X」と『WORLD TAG LEAGUE 2016』優勝者


スポンサーリンク

f:id:seki77:20161108063227p:plain

 

2016.11.15(火)シンガポール・マリーナ・ベイ・サンズ(サンズ・エクスポ&コンベンションセンター ホールB)のメインイベントで、

 


【NEVER無差別級選手権試合】

EVIL <第13代王者> vs 柴田勝頼 <挑戦者>

 


の試合が行われます。


もし、ここでEVILが負けることになれば、わずか「10日間」の王者となり、正直、かわいそうな気もします。


ただ、このシンガポール大会で、


本間朋晃 vs 後藤洋央紀


の「意味不明」なシングルが組まれていることを考えば、柴田勝頼が勝利し、その後に後藤洋央紀が東京ドームで挑戦表明をする流れが見えますね。

 


では、「10日間」王者のEVILは、どーなるのか?


もしかしたら、タッグリーグで優勝するのではないかと。


そう考えれば、11.5大阪大会で潮崎豪にNEVERを挑戦させるのではなくEVILに挑戦させ、王者にさせた理由が出てきますね。


また、SANADA新日本プロレスに参入し「約半年」しか経っていないのに大きな大会で「棚橋弘至」とシングルマッチが組まれたことも意味を成します。

 


だから、東京ドームのIWGPタッグ王座選手権は・・・

 

f:id:seki77:20161108062127j:plain

 

タマ・トンガ&タンガ・ロア vs SANADA&EVIL

 

になるのではないでしょうか?


そう考えると・・・石井智宏&YOSHI-HASHIは、大阪大会でのタマ・トンガ&タンガ・ロア戦が、東京ドームへの最後の道だったんですね?

 

 

・・・と、


ここまでは、新日本プロレスの考えを尊重した答えです。

 

しかし、


「記者会見 2016年11月7日 WRESTLE KINGDOM 11 in TOKYO DOME 第2弾対戦カード発表会見 カード発表会見」での内藤哲也の発言。

 

f:id:seki77:20161107204104p:plain

 

「WORLD TAG LEAGUE 2016」優勝者には、特権が欲しいよね。例えば、2月のビッグマッチの「メインイベント」でIWGPタッグ王座に挑戦させていただきますよ。

 

www.njpw.co.jp


※公式には掲載されていません。

 

 

その2017年2月のビッグイベントは2回あります。


2017.2.5(日)

北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる

 


2017.2.11(土)

大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪

 


「WORLD TAG LEAGUE 2016」優勝者は、東京ドームで現王者「タマ・トンガ&タンガ・ロア」に挑戦できる権利を得るため、東京ドームのマットに上がることが可能になる。


ただ、既に2017.1.4東京ドームに出場する選手は、「WORLD TAG LEAGUE 2016」ケガをするリスクを侵してまで優勝狙わないんでしょ?(内藤哲也の発言)


要するに、もし、この「WORLD TAG LEAGUE 2016」で内藤哲也&高橋ヒロム(仮)が優勝したら、東京ドームで「IWGPタッグ王座」に挑戦することは不可能。


なぜなら、両者とも2017.1.4東京ドームの試合が既に組まれていますからね。

 


IWGPインターコンチネンタル選手権試合】

内藤哲也 vs 棚橋弘至

 

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合】

KUSHIDA vs 高橋ヒロム

 

 

だから、2月のビッグイベントの「メイン」で戦える権利を得れるのであれば、選手のモチベーションも上がるでしょ?と内藤哲也は発言しました。

 

・・・これは、ごもっともですよね?

 

 

このままいけば、以下の出場選手・・・

 

スポンサーリンク
 

 

『WORLD TAG LEAGUE 2016』Aブロック出場チーム

 

『WORLD TAG LEAGUE 2016』Bブロック出場チーム

 

 

で優勝できる可能性があるのは・・・

 

 

  • 天山広吉小島聡
  • 中西学&ヘナーレ
  • ハンソン&レイモンド・ロウ(ウォーマシン/ROH
  • ブライアン・ブレーカー&リーランド・レイス(WLW
  • 高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ(BULLET CLUB)
  • 真壁刀義本間朋晃(15年度優勝者組)
  • ヨシタツ&ビリー・ガン(HUNTER CLUB)
  • バッドラック・ファレ&BONE SOLDIER(BULLET CLUB)
  • SANADA&EVIL(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン


しかいなくなりますからね。

 

柴田勝頼後藤洋央紀は外しています。

 

 

まとめると・・・・


◆『WORLD TAG LEAGUE 2016』優勝者は・・・

SANADA&EVIL(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 


内藤哲也のタッグパートナー「X」は・・・

高橋ヒロム

 

 

・・・なぜ、高橋ヒロムなのか?

 


この『WORLD TAG LEAGUE 2016』に名前がないから・・・と「キャラ」が立っているし、「ヒール」であり、今のロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入すれば間違いなく「ブレーク」すると思うから。

 

後は、今の内藤哲也なら高橋ヒロムの良さを『WORLD TAG LEAGUE 2016』で魅せることが出来ると思うから。

 

憶測では・・・

 

 

など、想像されていますが、私的には、2017.1.4東京ドームまでのシリーズに「高橋ヒロム」の名前が無いことから考えても、彼しかいないと予想してます。

 


では。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓