起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也、2017.1.4東京ドーム"理想"の対戦相手は、やはりSANADAだった、そして、"X"はルーシュ!?で決まりだろう。


スポンサーリンク

2週間に「1回」更新される金曜日の内藤哲也スマホ日記にて、2017.1.4東京ドーム理想の対戦相手が記されていた。

 

www.njpw.co.jp

 

 

それは、私も予想した通り・・・この選手。

 


SANADA

 

puroresu.hatenablog.com


このブログで何回も言っているが、内藤哲也という男は、必ず「箱推し」をする。

 

パレハとして向かい入れた2人の選手をしっかりと宣伝する。(BUSHIは、自ら内藤哲也に加入を申し込んだレスラー。なので、向かい入れたのは、EVILとSANADA)

 


だから、SANADAなのだ。


勿論、理想とする相手がSANADAの理由もスマホ日記に「誰もが納得」できるようにしっかりと書いてある。

 


・・・だから、SANADAだった。

 

 

後、2016.11.18から始まる「WORLD TAG LEAGUE 2016」、内藤哲也のパートナー”X ”についても書かれていた。


私は、”X ”を高橋ヒロムと予想したが違うようだ。

 

puroresu.hatenablog.com


高橋ヒロムは、やはり、新日本プロレスが用意した時限爆弾。

 

後に、ロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入させるために用意したレスラーではない。

 

よって、ヒールのために、内藤哲也のために、ロス・インゴベルナブレス・デハポンを後押しすることは、やはりない。

 

 

内藤哲也は、”X ”について・・・

スマホ日記にこう記されている・・・

 

スポンサーリンク
 

 


「”X ”が来る」という表現だ。

 

 


この「来る」という表現は、高橋ヒロムではないよね?だって、もう既に新日本プロレスに「来ている」のだから。

 

よって、あなたの予想通り内藤哲也のタッグパートナー"X"は、「ルーシュ」で間違いないだろう。

 

f:id:seki77:20161111052521j:plain

 


そして、内藤哲也は「ルーシュ」に、このように伝えたのかもしれない。

 

ルーシュ、俺と日本でタッグを組んでくれ!「WORLD TAG LEAGUE 2016」に出場するから。そして、優勝したら2月のビッグマッチを用意したから。スケジュールを空けておいてくれ!

 

↑ 私が勝手に作ったストーリーである。

 

◆2017.2のビックマッチ日程

 

2017.2.5(日)

北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる

 


2017.2.11(土)

大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪

 

 

 


今、新日本プロレスは世界に誇れる団体。だから、ワールドで視聴する人が世界でもたくさんいる。

 

ルーシュとタッグを組み「WORLD TAG LEAGUE 2016」で優勝し2月の「ビッグマッチ」メインで試合をすればロス・インゴベルナブレスが宣伝できる。

 

 

私は、この考えに至って、改めて内藤哲也という男はプロレスを「真剣」に愛していることが再確認できた。

 

また、マジで、ロス・インゴベルナブレスに誘ってくれたことに感謝していることも分かる。

 

そして、ロスインゴベルナブレスというユニットは、仲良しクラブではないことも「はっきり」と分かった。

 

なぜなら、反対グループにEVIL&SANADA組が存在するからだ。


もし、決勝戦で、お互いが戦うことになれば内藤哲也はルーシュのために優勝を狙うだろう。


もし、仲良しクラブなら、東京ドーム上がらせたいからEVIL&SANADAを応援するだろう。


しかし、内藤哲也は、真剣に優勝を狙っている。

ルーシュのために、ロス・インゴベルナブレスのために・・・

 

そして、2017.1.4東京ドーム大会で、「IWGPインターコンチネンタル選手権試合」棚橋弘至戦が決まっていようが、そんなのは関係ない。

 

優勝を狙っている。

 

 

では。

 


内藤哲也のタッグパートナー"X"がルーシュである、この予想は、私の予想であり「確定」ではない。

 

追記

ルーシュでした (以下記事参照)

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓