読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也のマイクパフォーマンスの「秘密」について

新日本プロレス 内藤哲也

スポンサーリンク

f:id:seki77:20161113191721p:plain

 

内藤哲也のマイクパフォーマンスと言えば、試合終了後の・・・

 

”デ・ハ・ポン ”

 

ですが、不思議に思うことはありませんか?


私は、最初に内藤哲也のマイクパフォーマンスを聞いたとき、「すげーな~」と思いました。

 

 


あなたは、思いませんでしたか?

 

 


そう、

 


何で、息も切らさずにマイクパフォーマンスが出来るのか?

 


単純に考えれば、内藤哲也は誰よりも「スタミナ」がある!で、片づけられますが、なぜ、あそこまでスタミナが最後のマイクパフォーマンスまで持つのか?

 

 

知っていますか?

 


理由は、3つあるのです。

 

スポンサーリンク
 

 

1、サッカー

5才~高校3年生までサッカーをやっていました。

※以下記事、動画参照。

 

puroresu.hatenablog.com


サッカー選手を見ればわかりますが、45分間走り回らなければならないスポーツです。それを、内藤哲也は、13年間やっていた。しかも、キャプテン的な立場で。


つまり、前半、後半合わせて90分以上走り回れるくらいの体力が備わっている・・・素晴らしいですね。

 

2、緩急の付け方。

内藤哲也は試合中に、ゆっくりと歩くシーンが多々あります。そして、たたみかけるときは「一気」にギアを上げます。

つまり、ゆっくり歩いているときは、体力を回復している状態で、「たたみかける」ときに、一気に開放します。


その繰り返し・・・


他の選手は、常に動き回り、一定のスピードで試合を行うのです。(あえて誰?とは言いませんが・・・)

3、介入

内藤哲也の試合は、すべてではないですが、ロス・インゴベルナブレス・デハポンのメンバーが介入するときがあります。

 

・・・その時、内藤哲也は体力を回復しているのです。

 

f:id:seki77:20161113192112p:plain

 

そして、介入=終盤戦ですので、フィニッシュまでたたみかけることが出来るのです。


対戦相手は、介入によりダメージを受け、そして排除するまでずっと動き続けています。よって、スタミナ消耗が激しいのです。

 


いかがでしたか?

 

「3」の介入に関していえば賛否がありそうですが、これはある意味「頭脳プレー」でもあります。

 

まぁ、G1クライマックスなどの試合では、介入はないのでそこで折り合いをつけている・・・だから、他のレスラーも「卑怯だ!」的なコメントを発しないのでは?(一部、発していますが 汗)


後は、ロス・インゴベルナブレスデ・ハポンは「ヒール」ユニットなので。

 

では。

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓