起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

Amazonプライム・ビデオについて|有田と週刊プロレスと


スポンサーリンク

のブログに対して、Amazonプライム・ビデオに関して「質問」がありましたのでお答えしたいと思います。

 

質問内容は、「有田と週刊プロレスと」を視聴したいのですが、「有田と週刊プロレスと」を視聴するためだけで「年会費 3,900円」支払うんですか?

 

・・・というもの。

 

 

・・・そうなんですよね、「ネット番組」って、ちょっと仕組みが分かりにくいですよね。初心者さんなら尚更です。

 

しょうがないことです 汗

 

 

 

では、その辺を詳しく説明していきますね。

 

Amazonプライム・ビデオについて

まず、プロレスファンなら必ず見てほしい「ネット番組」が206.11.23 (水)~スタートしました。

 

f:id:seki77:20161125103613p:plain

 


それが、

 

「有田と週刊プロレスと」です。



puroresu.hatenablog.com


この「ネット番組」は、毎週水曜日更新で番組時間は「30分」。しかも、いつ入会しても「シーズン1」から見ることが可能です。

 


けど、無料ではありません。

年会費 3,900円かかります。

 


ただ、Amazonプライム・ビデオには、「プライム30日間無料体験を試す」という、体験版がありますので、この30日間を使って4回分は、「無料」で視聴できるというわけです。(毎週水曜日に配信ですので1ヶ月で4回)


だから、30日後~「有田と週刊プロレスと」を見続けるか?視聴を辞めるか?あなた自身が判断できます。

 

もし、4回視聴して30日後に解約すれば料金は「無料」です。

 

ここで、勘違いされる方も多いようなので、敢えて書かせて頂きますが、「有田と週刊プロレスと」を視聴するため「だけ」に「年会費 3,900円」を支払うのではありません。

 

Amazonプライム・ビデオを視聴するために30日間の無料体験をし、有料会員になるのです。

 

だから、「1番組3,900円 / 年」ではありません。

 


そこで、Amazonプライム・ビデオでは・・・

 

  • 他にどのような番組が視聴できるのか?
  • どれだけの本数が存在するのか?
  • どんな番組が存在するのか?


 

邦画 (日本映画):728本

 

 

洋画 (外国映画):1532本

 

 

日本の連続ドラマ:190本

  • Nのために【TBSオンデマンド】
  • JIN -仁-【TBSオンデマンド】
  • あぶない刑事
  • SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~【TBSオンデマンド】
  • 空飛ぶ広報室【TBSオンデマンド】

 

 

アメリカドラマ:365本

 

アニメ:239本

 

お笑い:61本

  • 内村さまぁ~ず
  • グランド・ツアー
  • おもてなしグルメ旅
  • さまぁ~ず×さまぁ~ず
  • ゴッドタン
  • 指原莉乃のさしごはん

 

スポーツ:1183本

※スポーツに関しては、映画なども被ってきますので正式本数が分かりませんでした。

 

AKB48:91本

 

Amazon限定作品:16本

Amazon限定作品は、日に変わります

 


・・・これだけたくさんの番組が視聴可能なのです。

 

勿論、上記で紹介した番組以外にもたくさんありますし、これからもどんどん新しい番組も追加されていきます。

 

・・・なにせ、天下のAmazonですからね 笑

 

まずは、「プライム30日間無料体験を試す」を利用しどんな番組があるのか?品定めしてから有料会員になってからでもいいと思います。

 

 

まぁ、何度も言いますが・・・

 

私的には、「有田と週刊プロレスと」を見るために入会しても損は無いかと・・・

だって、私と一緒で、多くの視聴者のレビューだって高評価ばかりなんですよね 笑

 

新日本・全日本の違いも分からない自分ですが全然楽しく見られました。逆にそんな歴史・因縁があったんだと思ってその時見てみたかったな思うぐらいです。アメトークみたいに様々な方の意見ではなく生粋のプロレス好きがしゃべりのプロらしくわかりやすく話してもらえるのがいい。こういうのはマニアックになったり結局途中から飽きたりしますが本当に聞けるし、一生懸命に話せば話すほど面白く感じるのがいい。早く次が見たいです。

 

これは素晴らしすぎる企画。
某トーク番組のプロレス芸人も面白かったが、やはり多数の方が観るテレビバラエティなので、分かりやすい笑いを取りに行き過ぎる所があった。
しかし、これはただひたすらに有田哲平氏がプロレスの話をするだけの番組。
彼のお笑い芸人としての話術や、物真似、当時のエピソードなどの語り口が面白過ぎる。
テレビでは出来ないであろうこんなニッチな番組を作ることが出来るのは素晴らしいこと。1つだけ不満を言うならば、30分は短い。せめて1時間は観ていたい。
amazonは日本のスキマ的な趣向のニーズを研究していて本当に凄いと思う。
何年も続く番組になって欲しい。
本文とこの番組に全く関係無い話だが、有田哲平氏をずっと見ていたら、ブルース・キャンベルに見えてきた…。

 

私は20代でくりぃむANNで昭和プロレスに興味を持ちました。
今まではyoutubeなどに上がっているVTRを見るくらいで、昭和プロレスの流れを知ることはできていませんでした。
この番組は初回ながらにして全体的な流れをわかりやすく、またおもしろく説明してくれています!
プロレスをあまり知らない若い世代にもおすすめです!
今後に期待するとともにこのような素晴らしい番組をもっと増やしてほしいです

 

私は三銃士がエースの頃からのプロレスファンですが、本当にあっという間の30分でした!
有田さんのプロレス知識はディープでマニアックで本当に面白い!
アメトーークにプロレスネタにはハズレが無いのがわかる気がします。
この番組が続く限り、プライム会員は辞められませんね^^

 

これは素晴らしすぎる企画。
某トーク番組のプロレス芸人も面白かったが、やはり多数の方が観るテレビバラエティなので、分かりやすい笑いを取りに行き過ぎる所があった。
しかし、これはただひたすらに有田哲平氏がプロレスの話をするだけの番組。
彼のお笑い芸人としての話術や、物真似、当時のエピソードなどの語り口が面白過ぎる。
テレビでは出来ないであろうこんなニッチな番組を作ることが出来るのは素晴らしいこと。
1つだけ不満を言うならば、30分は短い。せめて1時間は観ていたい。
amazonは日本のスキマ的な趣向のニーズを研究していて本当に凄いと思う。
何年も続く番組になって欲しい。
本文とこの番組に全く関係無い話だが、有田哲平氏をずっと見ていたら、ブルース・キャンベルに見えてきた…。

 

 ・・・凄いでしょ?

 

まだ、視聴されていない人は、1度視聴しても損はありませんよ 笑

 

 

「有田と週刊プロレスと」

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓