読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

高橋ヒロム電撃加入!内藤哲也と共存で「スター街道」を【100%】手に入れる!

高橋ヒロム・TIME BOMB ロス・インゴベルナブレス・デハポン 新日本プロレス

スポンサーリンク

2016.12.10(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ内藤哲也率いるロス・インゴベルナブレス・デハポンに電撃加入した高橋ヒロム。

 

 

 


これで、メンバーが6人となった。

 

f:id:seki77:20161211070711p:plain

 

内藤哲也、EVIL、BUSHI、SANADA、ルーシュ、高橋ヒロム

※ルーシュは、本家「ロス・インゴベルナブレス」

 

高橋ヒロム・電撃加入後のコメント

ヒロム「さぁ、皆さん、予想通りだったか? 予想通りか? 俺が、(※L・I・Jのキャップを指さし)このロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、ここに入るのは予想通りだったか? まぁさ、楽しんでくれよ。どうやらさ、俺を自由に、好き勝手やらしてくれんの、ここだけらしいんだよ。なぁ、これから最高のもんが楽しめるわ。最高だぜ、オイ。それから、最高のもん、いっぱい見せてやるよ。楽しみにしておいてくれよ。それからKUSHIDA、IWGPを獲るのは、簡単じゃねぇ。そんなことは知ってんだよ。俺が言ってるのはな、『KUSHIDA、お前から獲ることが簡単だ』っつってるんだ。なぁ、1回やってもいいぜ、お望み通り。東京ドーム前に、1回やってやってもいいぜ。楽しみにしてるよ。TICKING!TIME BOME!」

 

 


あなたは、この加入を予想できていましたか?

 


しかし、内藤哲也の人間性が現れていますよね。


「恩」を忘れない男というか・・・

人望の厚さというか・・・

人を裏切らない信頼性というか・・・

 

 

内藤哲也は、なかなか「心を開かない性格」で有名なんですが、レスラー人生にかかわった人を「下」から受け入れる・・・


決して、「上目線」ではなく、「下」からなんですよね。

 


これは、社会でも通用するテクニックというか、常識なんですが、上から「俺についてこい!」では、やっぱり先が短いんですよね。


どれだけ、実力があっても、教えることはまた別次元のスキルが必要ですからね。


おそらく、現メンバーBUSHI、EVIL、SANADA内藤哲也の「プロレス愛」を感じ、そして、それが薄っぺらくないんでしょうね。

 

まぁ、高橋ヒロムとどんなやり取りがあった上でロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入したか?詳しくは分かりませんが、間違いなく、高橋ヒロムも「スター街道」を歩くことでしょう。

 

スポンサーリンク
 

 

しかし、海外武者修行をして帰ってきたEVIL・高橋ヒロムを見ていると、可能性のある若い芽潰さない受け皿というか、内藤哲也という「カリスマ的存在」が現れたことで生きる道が出来たことは、新日本プロレスにとっては「宝」ですね。


この流れなら、若手をバンバン海外で修行させて帰ってきた暁には、内藤哲也の側で人生論というか、レスラーとしての生き方、若手育成教育などを学べば新日本プロレスも安泰・・・どころか、どんどん成長していくでしょう。


今現在、その教育を、EVILとSANADAが受けているわけで、高橋ヒロムもその中に加わり、将来的には自分でユニットを作れば、ずぅーと面白いストーリーを見せられる。

 


ただ、忘れてはいけないのは、内藤哲也の側にBUSHIという存在がいることなんですよね。


BUSHIが内藤哲也の本で言っていましたが、プロレス以外は本当にダメダメだと。

 

まさに、その通り、図星である 笑


だから、「以外の部分」を補う存在がBUSHIであり、この2人が先頭に立ってプロレス界を盛り上げている・・・私はそう思っています。


これから、高橋ヒロムのグッズが発売されれば更に新日本プロレスに金の雨が降るでしょう。


では。

 

追伸

TIME BOMB 高橋ヒロムのツイッター、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの日本人メンバー全員を、「同タイミング」でフォロー&フォロワーしていますね。

 

f:id:seki77:20161211070530p:plain

 

TIME BOMB 髙橋ヒロム (@TIMEBOMB1105) | Twitter

 

きっと、車内でBUSHIが言ったんでしょうね 笑

 

ユニットの結束力というか、チームプレーがしっかりとれているのが、ある意味凄い!

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓