読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

タイムボム 高橋ヒロムの「しゃしゃりキャラ」は、ロスインゴに悪影響を及ぼすのか?


スポンサーリンク

のブログを読んでくれている方からたくさんのコメントを頂けることに感謝申し上げます。

 

今回は、そのコメントに対する私なりの意見やコメントを差し込んで答えたいと思います。

 

しいたけさんから頂いたコメント


おはようございます。 超個人的な感想ですが、ヒロムの加入はそれほど期待されないゃような気がします。 もちろん、今のコアな新日本ファンはメキシコでの二人の絆も知っていると思いますが、問題はJrである点とキャラ。EVILとBUSHIに関しては地味さがむしろ良かった。あくまで内藤が断トツに主役ででも実力者。真田についてはポテンシャルは日本人トップクラスという評価。 確かに内藤以外は非常に静かなユニットにヒロムのような爆弾小僧は必要かもですが、しゃしゃりキャラになるとファンの心は掴めないような気がします。 なにより一番気になったのは、ヒロムのコメント中の後ろの内藤の表情なんですよね。ルーシュの時の満面の笑みに対して非常に冷たい表情だったような… ダラダラと感想すいません。更新楽しみにしてます。

 

 

私がこのコメントで気になった部分は・・・

 

>>>しゃしゃりキャラになるとファンの心は掴めないような気がします。

 

 

f:id:seki77:20161215095803p:plain


今現在の高橋ヒロムのキャラには、賛否があります。当然、日本に凱旋帰国してから試合をまだしていませんので、実力は分からない部分もあるかと思います。


けど、「しゃしゃりキャラ」は、私的には「アリ」なんですよ。


なぜなら、いつか「必ず」失態・失言を発すると思うからです。

 


つまり、高橋ヒロムは、まだ20代。

これからの選手です。


新日本プロレスの時限爆弾として約3か月間、大々的に宣伝され、最終的には2016.12.10 宮城大会でロス・インゴベルナブレス・デハポン入り。

 

f:id:seki77:20161211070711p:plain

 


そして、今のキャラ・・・

 

 


ここまでの流れで、あのキャラ設定を会社が要因しているからこそ「勝機」があるのではないかと考えたのではないでしょうか。


要は・・・例え、失態・失言したとしてもロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入したことで内藤哲也かBUSHIがカバーする。

 

サラリーマン的に言えば、上司が部下に対して「お前の好きに仕事をやれ!失敗しても俺が尻ぬぐいしてやるから」・・・こんな感じではないでしょうか。

 

また、初めから「あれダメ!これダメ!」では、視野が狭まりますからね。

 

 


後は、高橋ヒロムがなぜ、ロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入したか?今さらながら深読みすると・・・

 

時限爆弾として登場したことは「インパクト」がありました。

 

しかし、それをかき消すくらいの話題がありましたよね?

 

スポンサーリンク
 

 


そう、


バレットクラブの新メンバー。


cody 「コーディ・ローデス(コーディ・ローズ)」

 

 

新日本プロレス、ロス・インゴベルナブレス・デハポンをこよなく愛するファンにしたら「cody」の存在感は薄いかもしれません。


けど、この選手・・・世界的にマジで有名人なんですよ 汗

 

その証拠に、以下の画像をみて下さい。

 

f:id:seki77:20161215094004p:plain


2016.12.10 宮城大会でケニー・オメガが新メンバーを発表してからわずか「4日」で動画再生回数が「53,059回」。

 

 

ちなみに、この数字がどれだけ凄いのか?というと・・・

 

約1か月前の2016.11.5 大阪大会の時の内藤哲也 vs ジェイ・リーサルより・・・

f:id:seki77:20161215094026p:plain

 

 

 


2016.10.30に公開された内藤哲也&BUSHIのキンプロ動画より・・

f:id:seki77:20161215094106p:plain

 

多いんですよね。

 

圧倒的な再生回数だと思いませんか?


数字だけ見れば、内藤哲也 vs ジェイ・リーサルの方が多いですが、期間が全然違います。

 

 

 

そして、このコメント・・・

 

f:id:seki77:20161215094329p:plain


ほとんどが海外からなんです。

 

要は、これだけプロレス界での「cody」は有名人なんです。

 


ちなみに・・・ちなみに・・・

 

オカダ・カズチカの2億円プロジェクトととしてハリウッド女優の「ミラ・ジョヴォヴィッチ」との共演がありましたが、オカダ・カズチカ、高橋ヒロム、codyとは次元が違いすぎます 汗

 

さすが、ハリウッドスター!「視聴回数:1,135,398回」

 

f:id:seki77:20161215094358p:plain

ヴァンガードG ミラ・ジョヴォヴィッチ&オカダ・カズチカ CM/Vanguard G Milla Jovovich&Kazuchika Okada CM - YouTube

 


比べるのも変ですが 笑

 

まとめ

新日本プロレスのバレットクラブに加入した「cody」の存在にかき消される可能性があるから高橋ヒロムをロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入させたのではないかと思います。

 

・・・もしかしたら、高橋ヒロム1人で戦ってもそれなりにインパクトはあったと思いますが・・・でも、長い目で見れば確実な人気を得てから1人になっても悪くはないかと。

 

これから先、高橋ヒロムはしゃしゃり出るキャラで行けば、しいたけさんのコメントとは逆に「ファンの心は掴める!」と私は思います。

 

勿論、それは試合を見てみないことには分かりませんが・・・


ただ、しゃしゃり出ることで試合後のコメントやインタビューは、ファンにとっては気になるはず。それが、内藤哲也言う「想像させる」に繋がるかと・・・


まぁ、失態しようが、失言しようがロス・インゴベルナブレス・デハポンに属していれば、チームワークで助けると思いますし、良いところを伸ばす内藤哲也ですから、期待しているのが本音。

 

もし、高橋ヒロムまでグッズの売り上げ、チケットの売り上げが「想像より遥かに上回ったら」内藤哲也という男、ロス・インゴベルナブレス・デハポンというユニットは「ブランド化」がさらに加速しますね。


これに対抗するユニット、話題は、もしかしたらケニー・オメガの手に委ねているのが今の新日本プロレスかもしれないですね・・・なんとなく。


それでは。

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓