読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

棚橋弘至が2017.1.4 東京ドームで用意する「3つ」の話題・・・新コスチュームと新入場曲とあと1つは?

棚橋弘至 本隊 新日本プロレス 東京ドーム

スポンサーリンク

日、行われた高橋ヒロムの凱旋帰国、ロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入してからの”初”試合。

 

 

 

かなりのインパクトを残せたのではないでしょうか?

 

特に、KUSHIDAに見せたジャーマンスープレックスの高さと完成度・・・高橋ヒロムは「可能性」に満ち溢れていますね 笑


後は・・・矢野通乱入、中西学の引退!?、後藤洋央紀といろいろなことがありましたが、私が1番気になっていることを「2つ」書こうかと思います。

 

 

まず、1つ目は・・・

 

2017.1.4 東京ドーム前の試合で、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの持っている「話題カード」をすべて使い切ったのではないかということです。


高橋ヒロムの加入、凱旋試合、必殺技「TIME BOMB」などなど・・・

 

もし、これがすべて東京ドームで知ることになれば、更にインパクトを残せたのではないかと思う。

 

 

 

2つ目・・・

だから、棚橋弘至の「入場曲変更」は、勝利への布石と考えてしまうのです。

 

 

ameblo.jp

 

 

更に、武藤敬司の名前を出す・・・

 

 

 

 

内藤哲也が憧れていた選手をわざわざ出してきて精神的なダメージを与える(少しですが 汗)

 

極めつけは・・・これは予想でしかないですが、

 

「新必殺技」なども考えているような気がします。

 

2015年のG1クライマックス内藤哲也が「ディステーノ」を初披露したときもかなりのインパクトを残しました。

 

スポンサーリンク
 

 

今現在の棚橋弘至の立場は、正直厳しい・・・

 

f:id:seki77:20161020083812j:plain

 

何が厳しいかと言えば、すべて内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンに話題を独占されて、完全にアウェー状態だからです。


もし、新コスチューム、新入場曲、新必殺技・・・この3つが飛び出せば形勢逆転も可能なのでは?


まぁ、棚橋弘至の口癖「もっと、もっと、もっと有名になりたい」という言葉を考えれば、2017.1.4 東京ドーム大会はテレビでもオンエアされることが決まっていますので、これくらいの「変化」は当然なのかもしれませんが・・・

 

www.njpw.co.jp

 


後は、ヒール!?内藤哲也のパレハ!?

 

puroresu.hatenablog.com


まぁ、トランキーロってところですね www

 

では。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓