起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

2013年~「1.4 東京ドーム大会」過去の観客動員数データ・比較・統計・主試合|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20161226195607p:plain

 

過去の主試合と観客動員数 【2013年~】

2013年 【29,000人】

 

 

第7試合【スペシャシングルマッチ

真壁刀義 vs 柴田勝頼×


セミ【IWGPインターコンチネンタル選手権試合】

中邑真輔 vs 桜庭和志×


メイン【IWGPヘビー級選手権試合】

×オカダ・カズチカ vs 棚橋弘至

 

 

2014年 【35,000人】

 

 

第6試合【スペシャシングルマッチ後藤洋央紀復帰戦~】

後藤洋央紀 vs 柴田勝頼×


第7試合【IWGPジュニアヘビー級選手権試合】

×プリンス・デヴィット vs 飯伏幸太


セミ【IWGPヘビー級選手権試合】

オカダカズチカ vs 内藤哲也×


メイン【IWGPインターコンチネンタル選手権試合】

×中邑真輔 vs 棚橋弘至

 

 

2015年 【36,000人】

 

 

第6試合【IWGP Jr.ヘビー級選手権試合】

×田口隆祐 vs ケニー・オメガ


第8試合【スペシャシングルマッチ

×内藤哲也 vs AJスタイルズ


セミ【IWGPインターコンチネンタル選手権試合】

中邑真輔 vs 飯伏幸太×


メイン【IWGPヘビー級選手権試合】

×オカダカズチカ vs 棚橋弘至

 

 

2016年 【25,204人】

 

 

第6試合【スペシャシングルマッチ

後藤洋央紀 vs 内藤哲也×


第7試合【NEVER無差別級選手権試合】

×石井智宏 vs 柴田勝頼


セミ【IWGPインターコンチネンタル選手権試合】

中邑真輔 vs AJスタイルズ×


メイン【IWGPヘビー級選手権試合】

オカダカズチカ vs 棚橋弘至×

 

 

2017年 【26,192人】

第7試合【IWGP Jr.ヘビー級選手権試合】

×KUSHIDA vs 高橋ヒロム


第8試合【NEVER無差別級選手権試合】

×柴田勝頼 vs 後藤洋央紀


セミ【IWGPインターコンチネンタル選手権試合】

内藤哲也 vs 棚橋弘至×


メイン【IWGPヘビー級選手権試合】

オカダ・カズチカ vs ケニー・オメガ×

 

 

 

各試合のユニット別対戦成績 【2013年~】

2013年 【29,000人】

7試合:本隊 vs 本隊× 【真壁vs柴田】
セミF:ケイオス vs 本隊× 【中邑vs桜庭】
メイン:本隊 vs ケイオス× 【棚橋vsオカダ】

2014年 【35,000人】

6試合:本隊 vs 本隊× 【後藤vs柴田】
7試合:本隊 vs バレットクラブ× 【飯伏vsデヴィット】
セミF:ケイオス vs 本隊× 【オカダvs内藤】
メイン:本隊 vs ケイオス× 【棚橋vs中邑】

2015年 【36,000人】

6試合:バレットクラブ vs 本隊× 【ケニーvs田口】
8試合:バレットクラブ vs 本隊× 【AJvs内藤】
セミF:ケイオス vs 本隊× 【中邑vs飯伏】
メイン:本隊 vs ケイオス× 【棚橋vsオカダ】

2016年 【25,204人】

6試合:本隊 vs ロスインゴ× 【後藤vs内藤】
7試合:本隊 vs ケイオス× 【柴田vs石井】
セミF:ケイオス vs バレットクラブ× 【中邑vsAJ】
メイン:ケイオス vs 本隊× 【オカダvs棚橋】

2017年 【26,192人】

7試合:×本隊 vs ロスインゴ 【KUSHIDAvsヒロム】
8試合:×本隊 vs ケイオス 【柴田vs後藤】
セミF:×本隊 vs ロスインゴ 【棚橋vs内藤】
メイン:ケイオス vs バレットクラブ× 【オカダvケニー】

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

まとめ

あくまでも、2013年~の各ユニットの勝敗を見てのデータ分析で勝敗予想しますので、「強い、弱い」で考えないでほしい。

 

まず、データでよれば、2013年以降、必ず本隊とケイオスは後半の試合で1度は勝っている。

 

また、2015年には、バレットクラブが2勝していることから「ヒール」でも勝利する可能性はある。

 

バレットクラブは、2014年・セミセミファイナル負け、2015年・セミセミファイナルで勝ち、2016年セミファイナルで負けている流れから考えて、やはり今年のメインではオカダ・カズチカの勝利ではないかと思う (ちょっと強引ですが 笑)

 

私自身、2017年の東京ドームでは、高橋ヒロムとオカダ・カズチカは「鉄板」だと思うので・・・

 

勝敗予想は・・・

 

7試合:ロスインゴ vs 本隊× 【ヒロムvsKUSHIDA】
8試合:本隊 vs ケイオス× 【柴田vs後藤】
セミF:ロスインゴ vs 本隊× 【内藤vs棚橋】
メイン:ケイオス vs バレットクラブ× 【オカダvケニー】

 

逆なら・・・


7試合:ロスインゴ vs 本隊× 【ヒロムvsKUSHIDA】
8試合:ケイオス vs 本隊× 【後藤vs柴田】
セミF:本隊 vs ロスインゴ× 【棚橋vs内藤】
メイン:ケイオス vs バレットクラブ× 【オカダvケニー】

 

願いは・・・

 

柴田勝頼が負けて「IWGPヘビー級」に名乗りを上げ、後藤洋央紀がNEVER王者を回していき、内藤哲也勝利後にマイケル・エルガンが挑戦表明し、そして2月に勝ち、SANADAが挑戦表明をして4月の両国でマイケル・エルガンから勝利。

 

puroresu.hatenablog.com

 

では。

 

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓