起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

2017.2.11 大阪大会のチケット「2週間前に完売した事実」をもっと多くのメディアは記事にするべき|内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポン


スポンサーリンク

藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンは・・・また、また、結果を残した。


そう、

 

2017.2.11 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)” 2週間前 ”にしてチケット完売。

 

www.njpw.co.jp

 

 

・・・これで、5,000人以上の観客で会場が埋め尽くされるのが確定した。


しかも、これで2回目・・・

 

 

 

あなたは、覚えていますか?

 

約3か月前にも同じような現象が起きたことを・・・


そう、


2016.11.5 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)も「10日前」に完売したことを。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 


これって、奇跡?

いや、いや、奇跡ではないでしょ?

 

・・・もしかしたら、大阪・関西という土地に「熱狂的なプロレスファン」が多いだけかもしれない。

 

・・・もしかしたら、タイトル戦が5試合もあるから2週間以上も前に完売したのかもしれない。

 

・・・もしかしたら、「デハポンコール」をしたいだけかもしれない。

 

・・・もしかしたら、アニメ「タイガーマスクW」やAKB主演の「豆腐プロレス」などの番組によりプロレスが注目されているのかもしれない。

 

・・・もしかしたら、棚橋弘至真壁刀義本間朋晃オカダ・カズチカなどの選手が多くのメディアに出演し「知名度」を上げたからかもしれない・・・

 

 

けど、考えてほしい、

  

・・・本当に、上記の理由だけで「2週間以上も前に完売」するだろうか?

 

 

2017.2.5 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーるのチケットは「まだ」完売していない。

 

www.njpw.co.jp

 

 

この差は何か?

 

誰のおかげ?

 

・・・誰が、そして、どのユニットがこれだけの観客を集められるの?

 


5,000人だよ!


5,000人!

 

また、新日本プロレス公式サイトにて(ビジョン見切れ席)若干数発売!とされている。

 

www.njpw.co.jp

 

これで、5,500人は埋まるのではないか? 

 

 

・・・あなたは、考えられますか?


今回の大阪大会のメインは・・・


内藤哲也 vs マイケル・エルガン


・・・これって、神戸大会のリマッチでしょ?


2016年9月25日 兵庫・神戸ワールド記念ホール 第9試合 IWGPインターコンチネンタル選手権



また、マイケル・エルガンが怪我をしなければ2017.11.5 大阪大会もマイケル・エルガンと試合する可能性があったわけで・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 


第9試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合 内藤哲也 VS ジェイ・リーサル

 

 

リマッチ、リマッチ、リマッチ・・・


でも、完売。

 

しかも、2週間前にソールドアウト。

 

スポンサーリンク
 

 

・・・私が言いたいことは、今回の大会で2度目の前売り完売。今回に関しては「2週間前」に完売した事実。


この実績を新日本プロレスはもっと称えるべきである。


誰に?


内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンに。

 

f:id:seki77:20161211070711p:plain

 

更に言うなら・・・


ロス・インゴベルナブレス・デハポングッズだって「バカ売れ」しているわけで・・・

 

 


では、どーやって評価するか?

 

 


・・・その前に、話すことがある。

 

2017年の東京ドーム大会、本当に盛り上がりました。試合が重なっていく度に「ベストバウト」が塗り替えられて言う感じが、本当に楽しかった。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 


でも、現実を見れば、観客数は前年の東京ドーム大会より約1,000人増えただけである。

 

puroresu.hatenablog.com

 


・・・これを中邑真輔ロスの挽回を魅せたからすごい!と考えるのか?

 

・・・これを前年より観客数が増えた!で片づけるのか?

 

・・・これを新日本プロレスワールドの「有料会員」が増えた!で終わらせるのか?

 


どれも、これも、私たちプロレスファンには見えない「数字」ばかり・・・

 


つまり、どれだけプロレス人気が高まろうと目で確認できないものは、その凄さを我々は「肌で感じる」ことが出来ないのである。


だから、内藤哲也が言う、東京ドーム満員を目指すことに「1票」入れたい。

 

headlines.yahoo.co.jp

 


では、話は戻して・・・

 

どーやって、内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンを評価するのか?

 

スポンサーリンク
 

 


今年、2017年は、オカダ・カズチカと共に内藤哲也が会社から推されていることは、誰もが認識できる事実。


一番わかりやすい「目で見える現実」としては、闘魂ショップの画像である。

 

新日本プロレス闘魂SHOP

 


最初に見える画像こそが、内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンであることが分かるだろう。

 

だから何?と言われそうだが、実は、この画像こそが凄いことなのである。もしかしたら、あなたは大したことではない!と思うかもしれないが、

 

実はこの画像こそ「ものすごい事」なのである。

 


日刊スポーツの記事に載っていたが、新日本プロレスのグッズの売り上げが去年「10億円」だったそうだ、その内、20%が「内藤哲也関連の商品」。

 

www.nikkansports.com

 

つまり、会場で売られているグッズを抜きにしても「数千万円~数億円」の売り上げがある闘魂ショップの顔が内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンということなのである。

 

まとめると・・・

 

今回の大阪大会、「2週間以上」も前にチケットが完売した。尚且つ、内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポン関連グッズは「バカ売れ」。

 

だから、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと・・・・

 

ロス・インゴベルナブレス・デハポンというユニット5人をオカダ・カズチカより推してほしい・・・

 

 

・・・というか、

 

オカダ・カズチカ新日本プロレスの看板であることは認めるし、看板に相応していることも認める。けど、更に新日本プロレスが上に行くためには、単体より複数の方がよいと思う。


だから、時限爆弾で登場した「高橋ヒロム」がロス・インゴベルナブレス・デハポン入りをし、「IWGPジュニアヘビー級」のベルトを勝ち取ることが出来たのでは!?

 

だから、2017.1.4 東京ドーム大会は、ロス・インゴベルナブレス・デハポンのための演出だった!?

 

puroresu.hatenablog.com

 

だから、週刊プロレス内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポン関連の記事が多いのでは?(直接的な繋がりはありませんが。)

 

だから、新日本プロレスの「エース」棚橋弘至にチャレンジが出来るEVILが存在する!?

 

だから、SANADAのセンスが如実に表れた「2017.1.22」で現れた!?

 

 

・・・ちょっと、後半になるにつれてまとまりがない記事になりましたが・・・

 

簡単にまとめると・・・

 

今回の前売り完売で内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デハポンをもっと評価するべき。もっと、会社が推せば、東京ドームの満員も「夢」ではないのでは?また、今、推さなければいつ「もっと」推すのか?

 

我々に、目で見える数字を、そして、目で見える凄さを光景を・・・

 

では。

 

主な組み合わせ|2017.2.11 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪

 

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

(C)内藤哲也 vs マイケル・エルガン

 

 

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

(C)高橋ヒロム vs ドラゴン・リー

 


IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ

(C)石井智宏矢野通

vs

真壁刀義本間朋晃

vs

デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー

 


ブリティッシュヘビー級選手権試合

(C)柴田勝頼 vs ウィル・オスプレイ

 

 

NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

(C)田口隆祐棚橋弘至中西学

vs

EVIL&BUSHI&SANADA

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓