起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【予想・深読み】2017.6.11 大阪城ホール大会|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170611071546p:plain

 

2017.6.11 大阪城ホール大会の予想を会社の戦略部分を交えての【予想】をしたいと思います。


まぁ、【予想】なので、話半分で読んで頂けたらと・・・汗

 


まず、大前提にあるのは、ユニット抗争の部分。

 


現在は・・・

 

  • 【CHAOS】vs【バレットクラブ】(【鈴木軍】)
  • 【本隊】vs【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン


ですよね?

 

これが、「G1クライマックス27」後には、このように変わると【予想】しています。

 

  • 【CHAOS】vs【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
  • 【本隊】vs【バレットクラブ】
  • (【鈴木軍】)

 

そして、抗争するにあたり、そこには狙うものが存在しますから・・・

 

そうなると、


【CHAOS】vs【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】が狙うものは・・・


IWGPヘビー級ベルト。

 

 

【本隊】vs【バレットクラブ】が狙うものは・・・


IWGPインターコンチネンタルベルト。

 

ただ、ケニー・オメガに関して言えば、人気・実力を考えるとインターコンチネンタルベルトに収まる選手ではないので7月1日、2日のアメリカ大会で「IWGP US王座ベルト」を奪還。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

これを念頭に考えると・・・

 

スポンサーリンク
 

 


IWGPヘビー級選手権試合


(C)オカダ・カズチカ【CHAOS】

vs

×ケニー・オメガ【バレットクラブ】

 


IWGPインターコンチネンタル選手権試合


×(C)内藤哲也【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

vs

棚橋弘至【本隊】



オカダ・カズチカが勝って、今後の抗争で【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】と闘い、内藤哲也と東京ドームの流れ。


ケニー・オメガは、「IWGP US王座ベルト」を戴冠し、海外で試合をし、新日本プロレスの価値を上げていく。


IWGPインターコンチネンタル選手権試合は、現在、棚橋弘至が右腕をケガしているが、抗争的に考えれば勝利は必然。あとは、どのようにして勝つのかがポイント。また、内藤哲也は、右腕が使えない棚橋弘至にどのように負けるのか?が注目。


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン介入の流れから、阻止してからの勝利なのか?

丸め込みで勝つのか?

 

・・・魅せ方に注目・期待。

 

 

 

次に・・・


◆NEVER無差別級選手権試合 ランバージャック・デスマッチ


(C)鈴木みのる【鈴木軍】

vs

×後藤洋央紀【CHAOS】


まぁ、単純に、NEVERのベルトは鈴木みのるが持っていたほうが盛り上がる。また、【鈴木軍】がこのベルトを持たないと新日本プロレスにいる意味もなくなりますからね。

 

 

 

では、次・・・


IWGPジュニアヘビー級選手権


(C)高橋ヒロム【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

vs

×KUSHIDA【本隊】


現在、KUSHIDAは「ROH世界TV王座」のベルトを持っていて、尚且つ、これから海外でいくつかの試合に出場することを考えれば、KUSHIDAが勝つことはありえないでしょう。

 

また、高橋ヒロム勝利予想は、今後の展開として【CHAOS】との抗争になりますから次期チャレンジャーはウィル・オスプレイと予想するのが妥当かと。

 


他は、サラッと行きますね。

 

スペシャシングルマッチ

マイケル・エルガン【本隊】vs cody【バレットクラブ】×


IWGPタッグ選手権試合

×(C)ウォー・マシン vs GOD


IWGPジュニアタッグ選手権試合

(C)六本木ヴァイス vs ヤング・バックス×


◆NEVER無差別級6人タッグ選手権試合・ガントレットマッチ

  • (C)【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
  • 【本隊】※タグチ・ジャパン
  • 【CHAOS】
  • 【バレットクラブ】
  • 【鈴木軍】

 


私の中では、「今後、日本に長く滞在できる選手が勝つ」と言うのが頭の中にありますので、ウォー・マシンやヤング・バックスは負けると予想しています。

 

スペシャシングルマッチの「マイケル・エルガン vs cody」に関して言えば、正直、分かりません。ただ、マイケル・エルガンが日本に来てこの試合も負けるとなると、元インターコンチネンタル王者の肩書が潰れますからね。

 

NEVER無差別級6人タッグ選手権試合は、単純に「タグチ・ジャパン」が持つことで、収益的に考えてもイイのではないかと。

 

また、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは流れからして「全敗」と考えていましたが、高橋ヒロムがウィル・オスプレイ推しを最後までやり続けたのと、KUSHIDAのベルト保持、勝利後の「ウェーブ」発言、ネットの声、今後の抗争、次期チャレンジャーなど様々なことを考えると、高橋ヒロムだけ防衛するのではないかと・・・


冒頭でも言いましたが、あくまでも予想なので、話半分で読んで頂けたらと思います www

 

では。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

2017.6.11 大阪城ホール大会に関する記事

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓