起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】ダブルメインイベント!?2018年1月4日:東京ドーム大会「IWGPヘビー級」と「IWGP USヘビー級」が???


スポンサーリンク

f:id:seki77:20171212201740p:plain

 

ダブルメインイベント???


IWGPヘビー級」と「IWGP USヘビー級」が???

 


・・・これを聞いたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのファンは怒り心頭である。

 


シリーズにも参戦していないのに・・・なぜ?

 

www.njpw.co.jp

 

 

ただ、私はこのように考えた事で「怒り」は現れなかった・・・

 

スポンサーリンク
 

 

まず、ケニー・オメガ


今年、2017年1月の東京ドーム大会では、「IWGPヘビー級戦」でメインイベントだった。


そして、2018年1月は「IWGP USヘビー級チャンピオン」としてダブルメインイベントになる。


事実上、セミファイナルになるわけだが、「IWGP USヘビー級」の価値を上げ、対戦相手が「クリス・ジェリコ」となればダブルメインイベントでもおかしくはない。

 

次に、内藤哲也


G1クライマックス27」で優勝し、2018年1月の東京ドーム大会で「IWGPヘビー級」のベルトに挑戦する。


内藤は、「IWGPヘビーがメインイベントである」と公言していることから、2018年の東京ドーム大会はダブルメインイベントではあるが、メインイベントのリングに上がる。


・・・ちょっと、説明が難しいのだが、

 

簡単に説明すれば・・・

 

オカダ・カズチカの価値が下がったのではないのか?


ケニー・オメガは、ダブルメインイベントになったことで、No.2のベルト「IWGP USヘビー級」の価値を上げ、内藤哲也は2017年:東京ドームのセミファイナルからメインイベントに格上げ。


オカダ・カズチカだけは、メインイベントからダブルメインイベントに降格したと考えれば、おそらく「怒り」は現れない・・・はず。

 

どうでしょうか?

 

後は、内藤哲也が何というか?ファミレス待ちですね www

 

スポンサーリンク
 

 

2018年東京ドーム大会に関する記事一覧はこちら

 

⇒ 内藤哲也・岡本記者のファミレス談義に関する記事一覧はこちら

  

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓