薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

ケニー・オメガ&飯伏幸太、クリス・ジェリコではなく、2018年12月15日・後楽園ホール大会で薮田博史が心に残ったこと。|新日本プロレス


2018年12月15日:東京・後楽園ホール大会。


ケニー・オメガ飯伏幸太のゴールデン・ラヴァーズとウィル・オスプレイとの攻防やクリス・ジェリコの乱入、SANADAとチェーズ・オーエンズとの絡みなど、見どころはたくさんあったのですが・・・

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 


私が、この大会を新日本プロレスワールドで見終わって、1番心に残ったことを考えてみたら、これでした。


タイチという存在。


試合後のコメントで、内藤哲也に対してエールを送っていたのですが、そこではありません。

 

タイチ「(バックステージのテレビでクリス・ジェリコが暴れるリング上の様子を見ながら)なんかやってるぞ? 内藤、やられてるんじゃねえのか、あれ? ダブルメインイベントだってな、東京ドーム。応援してるよ、内藤。がんばれよ


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

エル・デスペラード金丸義信が大きく見えたんですよね。

 

 


もちろん、ジュニアタッグのベルト保持者ですので、当然と言えば当然なのですが、


なんなんでしょ・・・


鈴木みのるがいないだけで、ここまで生き生きとプロレスが出来るんだな~と感じました。

 

年の差を考えれば、鈴木みのるに従うのは当然であり、指示通り動くのが鈴木軍のやり方なのかもしれませんが「自由を与える」とここまで大きく見えるもんなんですね。


つまり、今まで、鈴木みのるの下で働いてきましたが、きちんと吸収していたということになりますよね。


私世代は、よく上司から「仕事は目で覚えろ!」と言われていましたが、何となく、2人の動きを見ていて昔を思い出してしまいました。

 

で、タイチの件なんですが・・・

 

f:id:seki77:20181216062543p:plain

 

今まで学んできたことを活かせば活躍できるというか、別に何も教えないスタンスと言いましょうか・・・自由にやらせることで、2人は元々ポテンシャルが高いわけですから、良いところを引き出すと言いましょうか・・・


ちょっと、答えがまとまらないんですが、


要するに・・・


人間は、イイとこだけ見るように生きれるようになれば、勝ち組になれるということ。


多くの人は、人の悪いところを見がちですが、良いところだけを見るようにすれば、悪いところが自分にないからムカつくのであって、逆に吸収しないといけなかったりするんですよね。


イヤなところは、自分と真逆の位置にあるからイヤなだけで、結局は足りないものであったりする。


そんなことを考えていると、今回のタイチって2人を殺さないことに「なんとなく」スゴイな・・・って感じました。

 

なんとなくです・・・はい。

伝わればイイですけど www

 

 

最後に。

タイチ・・・酸いも甘いも経験済みだから、あとは、ポジショニングを何処の位置に設定するのか?


見物ですね。


東京ドーム大会の次の日「2019年1月5日」のマイクに期待・・・

 

 

・・・もし、この記事がおもしろいと思ったらツイッターのフォローお願いします。

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

薮田博史・ビジネス論に関する記事はこちらから

 

【深読み】記事一覧はこちら

 

タイチに関する記事一覧はこちらから

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。