起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】EVIL&SANADAが開幕戦のメインイベントに立つという会社からの期待と抜擢とプッシュ|ワールドタッグリーグ2017 新日本プロレス


スポンサーリンク

2017.11.18・東京・後楽園ホールから始まる「ワールドタッグリーグ2017」。


開幕戦のメインイベントに立つタッグは・・・


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの「EVIL&SANADA」組である。

 

f:id:seki77:20171109071140p:plain

 


ちなみに・・・この日の大会は「無料配信」。現時点で新日本プロレスワールドで無料配信が決まっている。


もしかすると、去年と同様、アベマTVで無料でLIVE配信するかもしれない。

 


イイですか?

 


今年の「ワールドタッグリーグ2017」には、オカダカズチカ、内藤哲也、ケニーオメガ、棚橋弘至と2018年の東京ドームに出場する選手はエントリーされていない。

 

puroresu.hatenablog.com

 


つまり、16チームの中で開幕戦に抜擢されたということは、会社からの期待、プッシュされていることになる。


勿論、対戦相手のジュース・ロビンソン&サミ・キャラハンにも該当する話ではあるが、どー考えても「EVIL&SANADA」がメインの方がしっくりくるだろう。

 


もう1度言いますよ、はい。

 


2017.11.18・東京・後楽園ホールから始まる「ワールドタッグリーグ2017」。


この試合は無料でLIVE配信される。


つまり、有料会員以外の人も視聴するわけですから、いつもより多くのプロレスファンが試合を見る計算になる。

 


そして、そのメインに立つのがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの「EVIL&SANADA」。

 

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと言えば・・・

 


何かしらのサプライズを用意するのが通例。

 


BUSHI&高橋ヒロムが見せたような合体MX「インスルヘンテス」みたいなフィニッシュホールドを「EVIL&SANADA」は準備するだろう。

 

f:id:seki77:20171109071649p:plain


※「インスルヘンテス」とは、スペイン語で暴徒・反乱者・反対分子。

 


だって、チャンスですからね。

 

また、会社の期待を一身に背負っているわけですから。

 

スポンサーリンク
 

 

どこかの記事で誰かが言っていましたが、プロレスラーと言うのは、新日本プロレスで働く従業員の家族の人生も背負っている・・・


例えば、11.18・後楽園ホール開幕戦だって試合をするまでに多くの従業員が汗水たらして働いているわけで・・・


その大会が無料で配信されるとなれば、素晴らしい試合、期待以上の成果を出してやる!それが選手側の真意だと思う。

 


ましてや、「ワールドタッグリーグ2017」の開幕戦。


ましてや、新日本プロレスのトップ選手がエントリーされていない。

 


ましてや・・・

 

今年の「ワールドタッグリーグ2017」はトップ選手が出場していないから「つまらない」と囁かれている。

 


そんな中、選手は何を感じ、何を考えているだろうか?


・・・きっと、悔しい気持ちもあると思うが、何とか盛り上げてやる!何とか爪痕を残してやる!優勝してやる!「あっ!」と驚かせてやる!と意気込んでいるのではないだろうか?


・・・開幕戦とは、

 

野球で考えれば、その球団のエースが登板する。巨人で言えば菅野投手。


じゃ、新日本プロレスのエースは?


棚橋弘至・・・参戦しない。

 


じゃ、2018年の東京ドームに出場する「以外」の選手のエースは誰か?


「EVIL&SANADA」になった。


この期待、この抜擢、このプッシュ。


2人がチャンスと考えないで何を考えるのか?

ましてや、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン


何かしてくれる!と期待せずにはいられない。


きっと、何かある!


2017.11.5の高橋ヒロムがヘッドギア&グローブ&プロテクターを装備してきたみたいなサプライズが!大歓声が起こるであろう、何かが・・・

 

そう・・・

 

f:id:seki77:20171109070715p:plain

 


合体技が。

 


期待しましょう。

 


ちなみに・・・

 

2016年、去年の「EVIL&SANADA」組と言えば、優勝した真壁刀義本間朋晃と同ブロック「B」であり、勝ち点は「10」で並んで、直接対決で敗れているため敗北となった。

 

リーグ戦 最終結果:ワールド・タッグリーグ2016

 

Aブロック

【 6勝1敗 12点 】タマ・トンガ&タンガ。ロア:優勝決定戦進出!
【 4勝3敗 8点 】内藤哲也&ルーシュ
【 4勝3敗 8点 】天山広吉小島聡
【 4勝3敗 8点 】ハンソン&レイモンド・ロウ
【 4勝3敗 8点 】高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ
【 3勝4敗 6点 】リーランド・レイス&ブライアン・ブレイカー
【 3勝4敗 6点 】棚橋弘至&ジュース・ロビンソン
【 0勝7敗 0点 】中西学&ヘナーレ

 

Bブロック

【 5勝2敗 10点 】真壁刀義本間朋晃優勝!
【 5勝2敗 10点 】SANADA&EVIL
【 4勝3敗 8点 】石井智宏後藤洋央紀
【 4勝3敗 8点 】オカダ・カズチカYOSHI-HASHI
【 4勝3敗 8点 】柴田勝頼永田裕志
【 3勝4敗 4点 】ヨシタツ&ビリー・ガン
【 3勝4敗 4点 】ケニー・オメガ&チェーズ・オーエンズ
【 0勝7敗 0点 】バットラック・ファレ&BONE SOLDIER

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

⇒ ワールドタッグリーグ 2017に関する記事一覧はこちら

 

⇒ ワールドタッグリーグ 2016に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓