起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【ネットの声】EVILはオカダ・カズチカから勝利するのか?|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170729064442p:plain

 

2017年7月27日(木)新潟・アオーレ長岡で行われた「G1クライマックス27」・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン「EVIL」が鈴木軍のボス・鈴木みのる勝利


・・・もしかしたら、「柴田勝頼の代わりにスター選手を作る」というウワサは本当かもしれない・・・そう、感じさせるのがEVIL。


ネットの声を見てもEVILに対しての評判は高い。

 

スポンサーリンク
 

 

EVILに対するネットの声

 

赤字青字は文章を読みやすくするための装飾であり深い意味はありません。

 

  • みのると対戦する若い選手はあの凄みに飲まれて萎縮しちゃうんだけど、イービルは最後まであのキャラを貫き通した上で勝ったんだからホンモノではないでしょうか。パワーもスピードも技の切り返しもよし、正直今のキャラを脱皮して素顔の渡辺になった時には間違いなく新日本のトップの一角になってるだろう、、、トップ今から楽しみです。
  • ちょっと先かもしれないが、ワタナベはLIJ卒業して、縛りの無い一個人になった時が本当に楽しみ。絶対にいいトップ選手になると期待してしまう。
  • 受けと打たれ強さは一流。決め技がちょっと地味。
  • ヒロムとEVILヤングライオン時代にみのるにボコられてるの見てたから感慨深い。
  • キングなら、G1優勝してIWGP獲らなきゃな。
  • ヤングライオン時代、毎回のように鈴木の試合後のに"殴る&蹴る"されたナベちゃんがようやく一矢報いたか・・・
  • イービルはネバーが似合い、サナダはインターコンチネンタルに挑戦できる説得力と待望される流れ、ムーブメントがほしい。スカしてるだけじゃダメなのは気がついたようで、なんとかしてるようだ。どちらにしても2人に期待!
  • EVILは、キャラ作りがしっかりしている。優勝戦線には残る、期待しています。
  • オカダ止めるのEVILだろうね。それでG1後に防衛戦かな?みのるは負けたら今年2回目の防衛線になるからないだろうな 笑オカダとオメガが引き分けて、EVILが決勝進出なら胸暑
  • EVILの試合運び、技、アピール…説得力があると思いますし、観ていてスカッとします。オカダもデカい口たたいてる間にやられますよ。内藤と新しい新日本プロレスを魅せて欲しいです。
  • チーム戦はLIJのが勢いあるね。リーグの1試合とは言え介入までして負けたらみのるは立場ないのでは?まだ1対1のが勝率高いんじゃないか?イービルが勝ってスッキリした。
  • 秋にNEVER挑戦出来るじゃん。SANADAに負けちゃったけど鈴木みのるに勝った勢いで内藤に歯向かうくらいの根性出来たかもな。
  • 本当にイービルこと渡辺は技が巧くて正確で見ていて頼もしい。日頃良い練習をしてきたのと、本人の努力の賜物だろう。個人的に外ヅラがTARUを彷彿させるから、【動けるTARU】と呼んでますが、多分皆さん納得しないでしょう…。
  • ヤングライオンの時の恨みが勝利に。
  • イービルは時々キャラを無くして感情的になった時がすごくカッコいい
  • 鈴木は二敗したのでもうムリだろう。それにしてもEVILはこの鈴木戦の勝ちで大阪のオカダ戦が俄然楽しみになったね。これでオカダが勝ったら少なくともBブロックは全勝で突破しそうだな。
  • この試合がメインにふさわしかった。自称KING名乗るのも、これからのEVILが楽しみになってきた。
  • ダークホースではなく、決勝戦に進出してもいいくらいの実力者だと思う
  • 真田、EVILは、チャンピオンの素質があるんだけとね。真田には、もっと頑張って欲しいよ~。
  • EVILがナベの頃、みのるの入場時にロープ上げして風になれのタイミングで蹴り落されてたのを見てたからこの勝利は本当に感慨深い。

 

 

また、評判が高いことからなのか・・・8月5日の大阪大会で行われるオカダ・カズチカ戦は全席ソールドアウト。

 

f:id:seki77:20170729074324p:plain

 

これは、EVILがオカダ・カズチカから勝利する期待の表れでもある。

 

更に、こんな考え方もできる。

 

これから、EVILは、ケニー・オメガとも闘うことからひょっとしたら、ひょっとするかもしれないということだ。

 

ケニー・オメガのインタビューでもEVILに対しては「100%」で闘うと宣言している。

 

――その次は8月2日(水)福岡大会ではロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(以下、L・I・J)のEVIL選手との試合になります。以前、ケニー選手はEVIL選手について「俺とニュージェネレーションのプロレスができる相手だ」と発言していましたね。

 

 

ケニー ああ、そうだね。しかもEVILはまだまだ進化し続けている選手だ。ニュージェネレーションのレスラーに必要なのは、ジャパンだけではなく世界のプロレススタイルに精通していて、そのどれにも対応できることなんだ。その条件にEVILという選手は当てはまる。

 

 

――新時代の選手としてEVILを認めている、と。

 

 

ケニー イエス。しかもEVILはまだ若くて勢いもある。俺を倒して自分の実力を証明したいという気持ちが強いだろうし、全力でブチ当たってくることだろう。そして、俺も100パーセントの力を出さなければならないだろう。興味深い相手であり、かなりおもしろい試合になるんじゃないかと思っているよ(ニヤリ)。

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

まだ、まだ、どうなるか分かりませんね。

 

最後に。

 

もし、EVILがオカダ・カズチカケニー・オメガから勝利したとしても、選手側から見える「格」を考えれば、SANADAの格は下がらないですね。だって、EVILから勝利しているので。

 

ネットの声・引用記事元

【新日G1】EVILがみのる下し殊勲の3勝目

 

スポンサーリンク
 

 

⇒ EVILに関する記事一覧はこちらから

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

⇒ G1クライマックス27関連する記事はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓