薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】EVIL「マジックキラー、いい技だな。」|新日本プロレス


f:id:seki77:20171129065627p:plain

 

「ワールドタッグリーグ2017」でEVIL&SANADA組がフィニッシュホールドで使用する「マジックキラー」。


これは、初期バレットクラブのメンバー「カール・アンダーソン」とその後に加入した「ドク・ギャローズ」の合体技。


そして、「いい技だな」と褒める。


更には、この「ワールドタッグリーグ2017」をEVILが「史上最高のフィナーレを俺とSANADAが見せてやる!」と言っている・・・

 


極めつけは・・・


内藤哲也の日々エスカレートするEVIL&SANADAへの挑発・・・

 

「今、リング上でも言いましたが、今日の長野運動公園総合体育館大会、ここ十何年で一番の観客動員数だったらしいですよ。このあとの大会も、前売り券が完売してる会場がいくつかあるようですし、『WORLD TAG LEAGUE』、盛り上がってるじゃない……って、思ってる? 皆様、思ってる? 俺? 思ってるわけないでしょ。『WORLD TAG LEAGUE』のおかげで完売している? そんなわけないだろ。だって、一切、話題になってないんだよ、このタッグリーグ。誰に言ってるかわかるだろ? EVIL、SANADAだよ。我々、LOS INGOBERNABLES de JAPONは、仲間同士だろうと何だろうと、常に競い合ってるユニットですから。俺はEVIL、SANADAに期待してるんだよ。と同時に、プレッシャーも常にかけていきたいからね。この『WORL TAG LEAGUE』、ほんと、このまま話題なしで終わっちまうよ。そろそろ焦った方がいいぜ、EVIL、SANADA。


引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

なんか、イヤな予感がしてきた・・・・

 


今、巷では、バレットクラブが分裂するというウワサが存在する。もし、EVILの話を鵜呑みにし「史上最高のフィナーレ」を想定すると・・・


2017年12月11日(月):福岡・福岡国際センターの「ワールドタッグリーグ2017・優勝決定戦」のカードは・・・


EVIL&SANADA vs ・・・

 

・・・・・

 

 

・・・

 

 

 

タマ・トンガタンガ・ロア(GOD)になり・・・

 

勝利すれば、反旗を揺るがすバレットクラブメンバー全員から勝利となる。

 

puroresu.hatenablog.com

 


しかも、フィニッシュホールドは「マジックキラー」。


カール・アンダーソンは初期メンバー・・・

 

まぁ、想像の範囲なので勝手な【深読み】ですが、点と点を結べば「史上最高のフィナーレ」があなたにも想像できるのではないだろうか?

 

キーポイントはマジックキラーを「いい技だな」と褒めているところ・・・


あぁ~怖い・・・汗

スポンサーリンク
 

 

「ワールドタッグリーグ2017」の試合結果と勝敗

 

2018年東京ドーム大会に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓