薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

EVIL、左眼窩底骨折で欠場!2018年1月4日・東京ドーム大会からケガしていたのか?|新日本プロレス


ほど、新日本プロレス公式サイトにてEVILが、左眼窩底骨折でドクターストップとなり、次々期シリーズの『旗揚げ記念シリーズ』と『旗揚げ記念日』を欠場することが決定と発表された。

 

www.njpw.co.jp

 


もしかしたら、2018年1月4日・東京ドーム大会「IWGPタッグ選手権試合」からケガをしていたのを今まで隠していたのか?

 

f:id:seki77:20180220161614p:plain

 

 

2018年1月4日・東京ドーム大会を振り返ると、試合終盤、KESがEVILに対して「合体ライアット」をしたときランス・アーチャーの腕か指が目に当たった感じにも見える。

 

f:id:seki77:20180220162818p:plain

 


・・・それにしても眼窩底骨折なら近々ではマイケル・エルガンも約3か月ほど欠場していた記憶がある。



puroresu.hatenablog.com

 


もし、完治するまで欠場であるならばニュージャパンカップの出場も不可能かもしれない。


更には、長期欠場となれば現IWGPヘビータッグのベルトも返上と言う形になるかもしれない。


とりあえず、今は大事な時期だからしっかりと治してほしい。それまでファンは待っているから。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


EVILの欠場によりロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーが4人となった。これは、5人体制になってから初めてとなる。また、ロスインゴベルナブレスデハポン発足からメンバーが欠場したのも初めてのケース。


巡業で「5 vs 5」のタッグマッチ戦を主にしているロスインゴベルナブレスデハポンとしては、EVILが欠場の間「4 vs 4」となるのか?


あまり、この形式での試合は考えられないことから、EVILの穴を誰かが埋めるのか?また「2 vs 2」をやっていくのか?


気になるところでもある。

 

スポンサーリンク
 

 

EVILに関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓