21世紀の「なぜ?」プロレス論:薮田博史

21世紀の新日本プロレスを「なぜ?」で語る薮田博史のブログ。生き残っていくためには「なぜ?」「考える」「創造性」が必要です。

SANADA「L・I・Jに関しては正直、『内藤哲也がリーダー』という構図はもう崩せないと思うんですよ。」|新日本プロレス


f:id:seki77:20180717192310p:plain

 

Number webから公開された記事で、「だから、いまは『内藤のユニットでしょ』と思っている人も多いかもしれないけど、この現状に満足しているメンバーがもしいたら、僕はそいつを追放しますよ。」と書かれていた。

 

 

 


その後、SANADAの「G1」に向けてのインタビュー記事が公式より無料で公開されたのだが、この一文を見ると「現状に満足している」とも捉えられる。

 

SANADA L・I・Jに関しては正直、「内藤哲也がリーダー」という構図はもう崩せないと思うんですよ。ロス・インゴをメキシコから持ってきた張本人ですし。たとえ俺たちが「このユニットにリーダーはいらない」と言ったところで、周りの目はそう見ますから。

 

――じゃあ、L・I・Jの下剋上というか、ユニットを崩してまでという思いはないと?

 

SANADA 逆にL・I・Jは崩したくないんですよね。俺が勝っても、リーダーはリーダーのまま。俺はべつにリーダーにはなりたくないですから。そことは違うところで勝負したいので。

 

スポンサーリンク
 

 

ただ、今のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンって、私からしたら「完璧」なんですよね。


リーダーの内藤哲也がいてその他のメンバー4人が付いて行っているというか・・・信じているというか、自由にプロレスを楽しめているというか・・・。


それが、メンバー同士の争いという捉え方も出来るのですが、第一は「お客様を楽しませる」こと。


例え、そこに派閥や争いがなくともロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンには素直に感情移入出来てしまう私が存在するわけで・・・


本来、プロレスに求めることってサプライズ演出ではあるのですが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンには、何となくだけど求めていない。


勿論、今後、パレハとして誰かが加入する可能性はあるのかもしれません。また、それがサプライズ演出となるのかもしれませんが、それでも、今の5人は崩してほしくないのが本音。


大田区総合体育館で後藤は言ったのですが、「SANADA、ホントにいい選手だ。もったいないね。ロス・インゴにいるのはもったいない。アイツが輝くのは、そこじゃないというかね。」


・・・ただ、このコメントにも説得力がないというか、言わされているというか・・・

 

www.njpw.co.jp

 

 


まぁ、ケニー・オメガの「もっと強いナイトーさんと試合したい」というコメントには「ドキっ」と多少はしましたけどね。

 

www.njpw.co.jp

 

 

・・・何を言いたいのか分からない記事になりましたが、SANADAのインタビュー記事を読んで、何となくリップサービスではなく「本音」が垣間見れたので記事を書いてみました。


・・・SANADAのロスインゴ愛・・・伝わります、そして最高です。

 

www.njpw.co.jp

 

スポンサーリンク
 

 

SANADA マネくま
SANADA マネくま
posted with amazlet at 18.07.17
新日本プロレスリング
売り上げランキング: 176,645

 

16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア
ジュウロクホウイ(16directions) (2018-04-28)
売り上げランキング: 52,177
楽天

 

「G1クライマックス28」に関する記事一覧はこちら

 

SANADAに関する記事一覧はこちら

 

【ファミレス】内藤哲也と東スポ記者・岡本氏の記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する雑誌一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓