読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

BUSHI「誰でも巻けるベルトになるのか、魅力あるベルトになるのかの分かれ目になる」新日本プロレス


スポンサーリンク

2017.2.16 東スポwebにてNEVER無差別級6人タッグ王者・BUSHIが、同王座戦線に難クセをつけた。

 

新日本プロレスのNEVER無差別級6人タッグ王者・BUSHI(33)が、同王座戦線に難クセをつけた。

 

BUSHIは11日大阪大会でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADA(29)、EVIL(30)とのトリオで王座奪回に成功。新日プロで最も移動の激しい同王座は、最多防衛記録がわずか「2」で、BUSHI組は前回王者時に防衛ゼロ、戴冠日数わずか1日の超短命政権に終わった。そのため「最多防衛するための挑戦者、誰でも来い」と宣言していた。

 

すると早くも26日後楽園大会で獣神サンダー・ライガータイガーマスク、デリリアス組との初防衛戦が決定。渡りに船の展開にも見えたが、BUSHIは不満タラタラだ。「確かに『誰でも』とは言ったけど、他にタイトルマッチがあるわけでもないのに(大会全7試合中)第2試合に組まれてるってどういうこと?(原因がベルトを)持ってる人間なのか対戦相手なのかって話だけど、これじゃベルトが信用を失っちゃいますね」と自らの失言を認めながら方針転換を示唆した。

 

BUSHIは「無理にタイトルマッチを組めとまでは言ってない。誰でも巻けるベルトになるのか、魅力あるベルトになるのかの分かれ目になる」と豪語。同戦をクリアすれば第一目標のV2に王手がかかるため、リーダー・内藤哲也(34)を見習い、焦らずに挑戦者を選んでもよさそうだ。


参照記事: 東スポweb

 

 


私個人の意見として、このような発言をすることは素晴らしいことだと思っている。


要は、言わなければ何も始まらないし、言わないことには何も変わらないからである。

 


・・・もしかしたら、BUSHIがこの主張をしたことで新日本プロレス公式に「第11代 NEVER無差別級6人タッグ王座」として名前が「復活」したのかもしれない。

 

f:id:seki77:20170217194954p:plain

 

http://www.njpw.co.jp/profiles

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也の「デビュー10周年記念アルバム」にて、内藤哲也からのアドバイスについてBUSHIはこのように話している。

 

とりあえず感じたことをやってみて、動いてダメだったらまた考えればいい。

 

 

内藤哲也 (スポーツアルバム No. 58)
 

 

最後に。

私は、物事を「ポジティブ」に考えるクセがあるので敢えて言いますが、2017.2.26 後楽園ホール第2試合で「NEVER無差別級6人タッグ選手権試合」を組まれたことを見たときに・・・

 

新日本プロレスのレベルが上がったなぁ~」とも感じたし、BUSHI・EVIL・SANADAは、会社からチャンスをもらったな~って感じました。

 

要は、今の価値は「第2試合」かもしれないけど、これからの展開では3,4,5試合目と「NEVER無差別級6人タッグ」を磨くことも可能であるということ。

 

前回の田口・中西・棚橋とのタッグは、結果論として「田口ジャパン」というムーブメントを起こしましたが、正直「寄せ集め感」は否めない。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

今回挑戦する、獣神サンダー・ライガータイガーマスク・デリリアスも寄せ集め。

 

http://www.njpw.co.jp/tornament/73587?showCards=1

 

だから、メインを食うくらいのインパクトを期待したい。

 

ただ、このベルトを保持していることでシングルベルトに挑戦できない!?のは、痛いですが・・・ 汗

 

スポンサーリンク
 

 

BUSHI 関連記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

では。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓