読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

Numberプロレス総選挙2017、1位は内藤哲也、2位は棚橋弘至・・・途中経過ではありますが。


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170405064556p:plain

 

Numberの表紙をかけた「プロレス総選挙」が行われている中、4月3日21時時点での順位が発表されましたね。

 

 

 

 


このランキングを見て感じることを3つほど上げさせていただきたいと思います。

 

 

ケイオスがオカダ・カズチカのみランクイン。


ケイオスと言えば、元中邑真輔が所属していたユニットで、このユニットには、後藤洋央紀石井智宏YOSHI-HASHI矢野通といった有名選手がいます。


特に、意外だったのが石井智宏

 

アメブロでは、常に2位をキープしているほど読者は存在するのに・・・また、試合をやれば「ベストバウト級」なのに・・・なぜ?不思議なもんです。

 

ameblo.jp

 

新日本プロレス所属選手がほとんど。


このランキングで現新日本プロレス所属選手ではないレスラーは、

 


15人中4人のみ・・・まぁ、妥当と言えば妥当なのかもしれませんが、武藤啓司が入ってくるのは以外。近々でプロレスリング・ノアのマットに上がったのもありそうですが・・・

 

headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク
 

 

オカダ・カズチカが3位ということ。


1位 内藤哲也(1009P)と2位 棚橋弘至(812P)と大きくポイント差が開いて3位 オカダ・カズチカ(564P)。


2017.3.12 プロレス総選挙では、現役選手の中で最高ランク4位だったんですが、ガチ!?の投票だとこんな感じになるのかもしれませんね。

 

「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!」のプロレス総選挙2017 ランキング結果。

 

 

sinota.hatenablog.jp

 

 


ちなみに、同雑誌「Number」にて2015年も人気ランキングがあったことはご存知でしょうか?

 


その時のランキングがコチラ。

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

最後に。

途中経過ではありますが、今回のランキングを見て1位の内藤哲也と2位の棚橋弘至の人気は当然の結果。

 

近々の新日本プロレスワールドウィークリーランキングを見ても、2017.1.4 東京ドームの内藤哲也 vs 棚橋弘至が「未だに」上位にランクインしていますし、1位に内藤哲也に限っては、プロレスに対する時間の使い方が、私たちファンにも伝わってきますし・・・

 

f:id:seki77:20170405063223p:plain

 

 

 

つまり、それだけ、ファンの心を動かしているということではないでしょうか。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓