薮田博史公式ブログ

薮田博史(H.N)起業家。主に新日本プロレス、プロレスに関する情報を発信いたします。好きな選手は内藤哲也。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。

【口コミあり】「テラハ」木村花さん中傷、亡くなった後も「地獄に落ちなよ」と投稿…母が男性提訴


f:id:seki77:20210317075736j:plain

 

フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(当時22歳)が昨年5月、SNS上で誹謗ひぼう中傷を受けて自殺した問題で、母親の響子さん(43)が、花さんが亡くなった後も匿名で中傷の投稿を行っていた長野県在住の男性に対し、約294万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したことが分かった。提訴は1月22日付。


響子さんの代理人弁護士によると、花さんへの中傷に対し、損害賠償を求める訴訟を起こすのは初めて。響子さん側はプロバイダー責任制限法に基づいてツイッター社やプロバイダー側から投稿者の情報開示を受け、男性を特定した。

訴状では、男性は花さんが昨年5月23日に亡くなった後、ツイッターに<あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう><最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ>などと書き込み、響子さんの心情を著しく傷つけたとしている。

男性は読売新聞の取材に対し、「事実関係は認める」と答えた。

響子さん側は、ほかにも数件の開示請求手続きを進めており、投稿者を特定し次第、順次責任を追及していく考えだという。

この問題を巡っては、花さんをツイッター上で侮辱したとして、警視庁が大阪府の男を東京地検書類送検している。 

 

www.yomiuri.co.jp

 

 

 

口コミ

◆この記事を含め、最近の記事はなぜ「加害者の名前」を掲載しないのか?

インターネット投稿という「匿名性を悪用」しているのだから、
こういった男性には、氏名を公開するのが、一番有効。

「プライバシー」よりも「オープン化」の時代ですので、
「これからの社会のため」にも、なるのだと思います。

それが「マスコミの使命」なのでは?


◆実名を公表し、逆に晒されるとはどういう事なのかを身をもって知るべき。


◆最近思うのは自分がやっていることは正しいとか、自分は正義なんだと思っている人に誹謗中傷を止めさせるのは相当難しいのではないかということ。昨年のアメリカの大統領選挙でも見られたが。自分が悪いことをしているという認識があれば話し合いの余地もあるのかもしれないが、前述の聞く耳を持たない状態の人には、記事にあるように訴訟をして第三者の判断を仰ぐことも一つの選択肢なのかもしれない。


◆どんどんやった方がいい。お母さんは辛い思いをしているのに、本当に最低な言動だ。


◆どういう育ちでどういう躾、教育を受けてどんなところに身を置き、どういう考え思考になったらこういう酷い中傷、迷惑行為をしてしまう人になるのか?ネットの中傷にはやはり氏名公開するなど厳罰化して良いと思う。


◆こういうネットの誹謗中傷が趣味の奴やモンスタークレーマーや煽り運転が趣味の奴などなど。日常普通に生活出来るぐらいの責任能力はあるけど、精神的に絶対おかしい様な奴らが一番タチが悪い。民事や刑事事件で追い込んだって更生なんてしないだろうけど、とりあえず与えられるだけの制裁を与えて欲しい。


◆この人がどの様な気持ちで投稿したのか?
理由はどうあれ許される事では無いけど、裁判でどうなるかが気になります。出来れば厳しい判決を願う。今でも花さんだけでなく、若い子、学生さんでsnsで心を痛めてる人は多くいると思います。こんなネットリンチを無くすためにも厳しい判決を期待。飲酒運転の罰則が厳しくなったのも、悲惨な事故があったから。それにより、罰則が厳しくなり飲酒運転も減ったと思います。被害を受ける前に罰則を厳しく、今回の判例が世の中のsns被害の低減を切に願います。

 

◆是非とも名前を公開頂き、同じようにネットからの攻撃を受けるがいい。それでも花さんが経験されたものとは比べ物にならないくらい軽いがな。

 

◆木村花さんは、スターダムのみならず、女子プロレス界の中でも間違いなくトップ選手の一人であり、今後WWEでの活躍も見込まれた素晴らしい人。その人の死を無駄にしてはいけない。これからのネット社会において、言葉の暴力は、ときに人を殺めるほどの力があることを、広く社会に知らしめるためにも、徹底的に糾弾するべき。妥協などない。二度と悲惨な事件を起こさないためにも、ここが歴史の分水嶺になるような、正義の鉄槌が下りますように。マスコミが力になりますように。祈っています。


◆亡くなった後にもこのような事が言えるって、全く理解出来ない。お母さんは花の辛かった思いを今もこうやって放っておかず、ダメなものはダメ!と続けているのは本当時間もお金も労力使うし大変だと思う。1人でもこういう自殺まで追い込む誹謗中傷者が減って欲しい。お母さん頑張れ!


◆加害者の氏名を出さないのは加害者への誹謗中傷から守るためだとすれば、誰を本当に守るべきか見失ってると思う。
良くないことをしても法律が守ってくれるって開き直ればなにも解決にはならない。同じ経験をすることで反省することもあるでしょう。


◆疑問に思う事。

SNSでの中傷が書き込みだが、それ以前の番組に関わった「ヒト達」(制作者側)はだれも詳細を何も話してない。(報道記事等)また、番組に出演していた芸能人も同じく。TV局もそうだが、「臭いものに蓋」イケないと思う。未だに私は、このTV局については、不信感がありますね。但し、詳細はもしかしたら双方で弁護士が入っている場合はコメントできないのかもしれないけどね・・。いずれにせよ、真実を話すべき。「報道番組」としてもいくつか制作に携わるならば、その「責任」はあると思うが・・。

 

 

 

 

薮田博史・ビジネス論に関する記事はこちらから

 

【深読み】記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。