薮田博史公式ブログ

薮田博史(H.N)起業家。主に新日本プロレス、プロレスに関する情報を発信いたします。好きな選手は内藤哲也。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。

BUSHIがKUSHIDAに「ストーリー」を作ってくれたことに感謝しなくてはいけない。


KUSHIDAがケガした!?

 

f:id:seki77:20161010202058p:plain

 

試合終了後、EVILがKUSHIDAに対して「イス攻撃」・・・

 

最後は、リングに上げて、BUSHIのイスを使っての「MX」。


BUSHIは、KUSHIDAをリマッチとして向かい入れた・・・

 


普通に考えれば、けがをしたKUSHIDAに対して試合終了後に攻撃したことは、許されることではない。


けど、プロレスラーは、けがをしないように鍛えるのが仕事。

そして、プロ。

 

ただね、この試合・・・

ロス・インゴベルナブレス・デハポンの「大将」、内藤哲也が負けた。

それによってEVIL、BUSHIが攻撃するのは当たり前。


また、BUSHIのリマッチ宣言・・・

「やさしさ」にも感じる。

 

しっかりけがを治して、戻ってこい。
それまで、誰とも戦わないで待っているから・・・

 

KUSHIDAは、BUSHIからベルトを奪いたいと「強く」思っている。
だから、KUSHIDAが離脱中の場合、ベルトを奪われたら意味を成さない。


後は、KUSHIDAとエルガン、けがしたことによって、「かわいそー」というストーリーが出来上がったので、「リマッチ」の意味を成す。


KUSHIDA、エルガン、BUSHI、EVIL・・・いろんな捉え方があると思うが、「リマッチ」としての楽しみは、出来たのではないか?


これも、ロス・インゴベルナブレス・デハポン戦略なのか?
新日本プロレスの戦略なのか?


分からないが、面白い展開になってきた・・・と私は思う。


では。