薮田博史公式ブログ

薮田博史(H.N)起業家。主に新日本プロレス、プロレスに関する情報を発信いたします。好きな選手は内藤哲也。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。

EVILを素直に応援できない私・・・|新日本プロレス


f:id:seki77:20200714064410j:plain

 

2020年7月12日:大阪城ホール「2冠戦」で内藤哲也から「金的」反則技で勝利したEVIL。

 

 

 

 

 

 

単純にこれからのEVILを応援できない私がいる。


もし、私の【深読み】通りに、高橋ヒロムもロスインゴベルナブレスデハポンを離脱しバレットクラブ入りしたのなら話は分かる。

 

puroresu.hatenablog.com


なぜなら、そこには高橋ヒロムがいることで「何かしらの戦略」があると読み取れるからだ。

 

また、高橋ヒロムなら新ユニットを作りリーダーでもファンとしてはドキドキ・ワクワクするからだ。


しかし、高橋ヒロムの離脱はなかった・・・


一夜明け会見を見たが、「斬新なコメント」を発することが出来ないことから以前のEVILとなにも変わらないことが分かった。

 

https://njpwworld.com/p/s_series_00551_2_1


また、最近のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのEVILと言えば、鷹木の陰に隠れ、高橋ヒロムの陰に隠れ、どうしようもなくなったから「逃げた」とも捉えられる。


さらに言えば、内藤哲也からここまでトップレスラーに育ててもらいながら、あっさりと離脱する神経。


・・・これは、愛されるレスラーになることは今後無理ではないのか?


まぁ、ダークネスと謳っているから愛されるレスラーを求めてはいないだろうが、それでもEVILのリングの上の立ち振る舞いを見れば決して面白いとは言えない。


すなわち、内藤哲也から中途半端に学んでの離脱と考えるのがスジかもしれない。


ましてや、新パレハが、デック東郷?


内藤哲也のセンスとは真逆の完成された選手をパレハにする時点で「育てる」という観点から物事を考えられていない。


内藤哲也の夢の一つでもある「内藤哲也に憧れてプロレスラーになった」ということを学んでいるのであれば、そこはオーカーンだし、マスターワトではないのか?


つまりは、自分に自信がないから完成された選手をパレハにするのである。


まぁ、すべて会社の考えだろうし外道の考えだろうが、EVILでも「YES・NO」は言えるはず。


でも、その道を選んでしまったわけだから、デック東郷に戦略を学んで何かしらの衝撃を我々ファンに与えてほしいもんだ。

 

 

 

薮田博史・ビジネス論に関する記事はこちらから

 

【深読み】記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。